悪魔の話

悪魔の話

作者名 :
通常価格 864円 (税込)
紙の本 [参考] 907円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

悪魔。神の教えと対をなし世界の半分を支配するとされた闇の帝王たち。その誕生から性格、分類、風貌、材質、総数、そして悪魔と契約する方法まで。ヨーロッパが育んだ「悪魔」の観念は、どこから生まれどこへ行くのか。その歴史を追い、人類史上最大の悲劇が生起する過程にまで迫る。人の世のいたるところにいる悪魔たちを凝視した決定版〈悪魔学入門〉。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社学術文庫
電子版発売日
2017年01月13日
紙の本の発売
2013年02月
コンテンツ形式
EPUB

「悪魔の話」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年11月28日

「のちの世の人々は、きっとこの二十世紀を支配した拝金主義の猛烈さに驚くだろう。金銭はすべてのものから、ものの個性と象徴性を奪い取る。つまりはその「魂」を剥奪する。これは何であれ姿を変えることはできるし、すべてに入りこむこともできる。しかし、何ものでもない。金銭はすべてを支配して、何ものも愛さず、すべ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月03日

文学・美術作品や歴史上のさまざまな逸話などから多角的に悪魔を論じたエッセイ。西洋中世はもとより現代や日本にまで及ぶなど、話題は多岐にわたる。文中提示されている原典を知っていれば大抵は難なく理解できる。軽妙な文体で書かれており、非常に読みやすいがときどき飛躍が多いのが玉に瑕。すこし論の展開に無理がある...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月26日

稀代の読書家として知られる著者が、主として西洋の文学、芸術、歴史を参照しながら、悪魔というテーマにまつわるさまざまなエピソードを紹介している本です。

澁澤龍彦の著作を思わせる内容ですが、澁澤に比べるともう少し抑制の利いたユーモアが感じられるように思います。もちろん澁澤にも、けっしてオカルトに対する...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「池内紀」のこれもおすすめ

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,967

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!