コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか

コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか

作者名 :
通常価格 1,188円 (1,080円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

今では、我々の生活に欠かすことのできない嗜好品となったコーヒー。その独特の香味はどのように生まれるのだろうか。自家焙煎店で培われた職人の技術と知恵を、科学の視点で徹底分析。味をコントロールし、自分好みのコーヒーを淹れる秘訣が見えてくる。科学論文に基づく知見を踏まえて、コーヒーのさまざまな謎に迫る!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
ブルーバックス
電子版発売日
2016年02月26日
紙の本の発売
2016年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
21MB

コーヒーの科学 「おいしさ」はどこで生まれるのか のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年02月07日

    著者が理系で化学や生物に精通した人であることから、「そう攻めて欲しかった!」という切り口や視点、考え方や論理の運び方がなされているのがとても好印象で、のめり込んで読むことができた。大抵の本はなんというか、ここまで潜って欲しい、こういう疑問を解決して欲しいという所まで議論をし尽くさず、「○○という物質...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月13日

    珈琲について科学的に分析した本。
    高校生程度の化学・生物に関する知識があれば、苦労なく読めるのではないか。
    コーヒーノキに関する植物としての分析から、コーヒーのおいしさに関する豆の化学物質の分析までをわかりやすくおこなっている。
    同じ筆者の著書である「珈琲の世界史」と合わせ読むことで、コーヒーに関す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月08日

    とても面白かったです!ここまで科学するのかと思うぐらい筆者は分析しています。それに理系的な視点に加えて歴史的な面からもコーヒーが考えられていたのも良かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月27日

    科学的な側面から見たコーヒーのしくみについての本で,何かしら知識があればより一層楽しめる。

    著者の専門はがんに関する遺伝子学および微生物学であり,それを含めて,本書で発揮される知識の幅は非常に多岐にわたるものである。

    その中でもいくつか変わったキーワードを挙げておく:

    遺伝子解析,抽出技術,味...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月23日

    コーヒーの歴史から抽出法や飲み方まで、詳細なデータに基づいて書かれています。科学的な記述に終始しているのに筆者のコーヒーに対する深い愛が感じられるのが素晴らしい!コーヒー好きなら知っておきたいこと満載だし、コーヒーに興味がなかった人にもおすすめです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月07日

    コーヒーの歴史、成分、薬理…等々を概観できる良書。種々のことが網羅して書いてあるので、最初から全て理解しようとするのではなく、ざっと読んで後から辞書的に使うのが良いかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    コーヒーの科学

    名無し 2020年02月15日

    生化学や医学に慣れてない人には、後半はやや難解かも知れませんが、非常に分かりやすく、コーヒーの利点、欠点を冷静に述べています。
    単に、こうやったら美味しいコーヒーが煎れられる!といった本でないところが良い!
    コーヒー好きのコーヒーオタクのための本です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月28日

    歴史、種類、成分、人間の味覚、健康への影響といった色んな面からコーヒーについて科学的に説明してくれる本。特にコーヒーと人類の付き合いの歴史と、人間の味覚がコーヒーの何をどう知覚するのかといった話に引き込まれた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月24日

    コーヒーができるまでに
    ①精製:果実から生豆を取り出す
    ②焙煎:生豆加熱
    ③抽出:豆からお湯で成分をとりだす。
    深煎りとかは②の話で、ドリップとかは③の話だという当たり前の話を今更知ることができた。

     基礎〜詳細まできちんとかいてある、コーヒーの教科書のような本で、細かいところは流し読みだったが勉...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月23日

    コーヒー豆から焙煎、抽出、飲んだ後の作用まで、コーヒーに関わるあらゆる工程を物理的・化学的に解説されていて、コーヒーの基礎知識がない私にとってはかなり難しい内容でした…。

    ですが、大学で行った実験と絡んだ内容がちらほら紹介されていたので、「あの時の実験と同じ原理がコーヒー抽出に働いているのか!」と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ブルーバックス の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング