そして、星の輝く夜がくる

そして、星の輝く夜がくる

作者名 :
通常価格 712円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

東日本大震災の爪痕が生々しく残る東北地方の小学校に、神戸から赴任した応援教師・小野寺徹平。かつて阪神・淡路大震災を経験した彼は、心に傷を負った子どもたち、父兄たちとの"本音の交流"を通して、被災地が抱える問題と向き合っていく。「ハゲタカ」シリーズの真山仁が挑んだ、渾身の震災文学。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2016年01月08日
紙の本の発売
2015年12月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年03月16日

真山仁『そして、星の輝く夜がくる』講談社文庫。

東日本大震災の直後に神戸から赴任した応援教師の小野寺徹平を主人公にした連作小説。希望の光を感じる非常に良い作品だと思う。

神戸で阪神淡路大震災を経験した型破りの熱血教師の小野寺は大震災にうちひしがれ、心に大きな傷を負い、疲弊した子供たちや父兄、教師...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年04月10日

やられた。
職場や電車の中で読んでいる最中、涙が出て困った。
阪神大震災で妻と娘を亡くした小学校教諭が、神戸で上司とぶつかった歳、大先輩から勧められて被災直後の東北への派遣を申し出る。
被災地では、大人だけでなく子どもも様々なことに耐えていた。子どもをストレスから解放するため、「わがんね新聞」の発行...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月27日

序盤からスピーディーな展開で、一気に読んでしまった。
土地柄も踏まえた被災者の心情が良く伝わってくる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年12月29日

20151229

新聞記者の経験を活かした経済モノ、政治モノが多い印象の著書による東日本大震災を題材にした異色作品。

こんなに読みやすくて、心が暖まる作品も書けれるのかと著書の力量に驚かされた。

阪神大震災により、妻と娘を失った小学校教師が、東日本大震災で被災した小学校に赴任し、明るく、前向き...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月25日

経済ものの作家という著者のイメージから、この作品には意外感があった。
しかし、著者が阪神淡路大震災で被災していると知り、彼にとっては書くべき作品であったと、納得。
東日本大震災で被災した小学校へ、阪神淡路大震災で妻子を失くした主人公が、応援教師として赴任。彼は、関西人のノリで子供たちの本音を引き出し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「そして、星の輝く夜がくる」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play