洞天茶房菜単 ~中華奇譚品書き~ 美男の供す佳き仙茶

洞天茶房菜単 ~中華奇譚品書き~ 美男の供す佳き仙茶

作者名 :
通常価格 496円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

京師(みやこ)、鬼市巷にある茶房「洞天茶房」は天界の底に通じている。茶房の主人で科挙の受験生でもある李子春は、天界から女仙さまと一緒に堕ちてきた美麗すぎる花仙の梅鬼と牡丹郎とともに、あやかし退治をすることに!? 李子春の「骨」に惚れながらもクールでストイックな梅鬼と、この世とあの世を面白おかしく生きたい快楽主義の牡丹郎に挟まれて、李子春の日々は愉快痛快にあやかしまみれ!?

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2019年02月22日
コンテンツ形式
EPUB

「洞天茶房菜単 ~中華奇譚品書き...」のユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年08月03日

中華の飲食店モノ。
金蓮花さんの銀葉亭茶話シリーズを思い出します。仙術とか出てきて、ちょいFTなんだよね。
ま、こっちはギャグテイストもある、現代風なラノベですが。
しかし、この方の作品は、登場人物が多いのと、設定が女子ラノベにしては複雑で、設定描写が長くて読むのはちょっとしんどい。

けどまあ、そ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年12月27日

2010/12お茶の話っぽいタイトルに衝動買い。
サブタイトルに「美男の供す~」とあるのでもしかしてBLぽい?のかと少しばかり心配しながら(笑)読みましたが、茶房(喫茶店)のお兄さんたちの妖怪?退治ものでした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月28日

このシリーズ、どれが一巻なのかよくわからない罠。
これ一巻だったのだろうか。

文体が美しい真堂樹作品なら、なんでもいいや!と手にとった。

主人公、李子春は仙骨を持った気の優しい少年。
鬼市巷という街の幽霊道にある茶房「洞天茶房」を切り盛りしている。
客桟には空から堕ちてきた神仙女が居候中。
従者...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,867

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!