この冬、いなくなる君へ

この冬、いなくなる君へ

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

文具会社で働く24歳の井久田菜摘は仕事もプライベートも充実せず、無気力になっていた。ある夜、ひとり会社で残業をしていると火事に巻き込まれ、意識を失ってしまう。はっと気づくと篤生と名乗る謎の男が立っており、「この冬、君は死ぬ」と告げられて――。ラストのどんでん返しに、衝撃と驚愕が待ち受ける!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
ポプラ社
掲載誌・レーベル
ポプラ文庫ピュアフル
ページ数
288ページ
電子版発売日
2019年02月08日
紙の本の発売
2019年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

この冬、いなくなる君へ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年07月05日

    最後とても感動しました。
    現実ではない、未来の自分の子供に会えると言うところが面白買ったです。いぬじゅんさんの本は好きなのでまた、新しい本も楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月11日

    主人公と今の自分と登場人物全てが重なり何回も泣きそうになってしまいました。
    この表紙を見ればこの話を読み終わった時に胸がキュッとなります。
    生きることという単純な話ではなく、心が死ぬ事に焦点を向けて、生きると死ぬ、自分を見つめる、他人を見つめるという生きる上でとても大切な事をストーリー性にして夢中に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月06日

     私は、まだ学生なのですが、毎回失敗することが多くて、この主人公の昔の菜摘さんのように、「生きていても、楽しいことが無い。死にたい。」と思う事が多くて、いつも一人で泣いていることのほうが多かったです。ですが、この小説を読んで、人は変わろうと思えば変われるということを知りました。私も、時々日記をつけて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月17日

    私はいつも後悔している。もっとあの時こうしていればって。思い通りの人生に歩めるとは思ってない。全ての日常は自分の選択によって決まっている。選択全てが良い方向に進むわけではない。だからこそ、むしろ人生は楽しいと思えるのかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月07日

    文具メーカーに勤める24歳の主人公、生久田菜摘は、仕事はミスだらけ、企画書も怖い上司にダメ出しされ、自分でもダメダメ人間と思っています。もちろん彼氏もずっといません。上司に仕事を命じられ、それが終わらずにひとり会社で残業していると、火事に巻き込まれ、逃げ切れずに意識を失ってしまいます。気付くと篤生と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月17日

    宣伝文句にやられてしまった。
    どんな死がやってくるのか?と思っていたら、物理的な死ではなく、心の死だった。ほんの少し勇気をもって行動し、人に関わることで、運命を乗り越えていく。次はどうなるのだろうと、ついついページをめくっていった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月27日

    初めから主人公がうじうじするところがイライラしてしまって話が進まなかったけど、読み始めたら最後までよんでしまった!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月11日

    この手の(少女漫画やライトノベル)物語の主人公ってさ、どんくさかったり、すぐ自分を責めるし、大切な事や人に気づかないし、ちょっとイラつくよね(笑) ま、でも、あつおのお陰で変われたということだね。あと、いろんな人の人生?運命?も変えれたし、良かった良かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月11日

    うーん

    初めは、主人公がウジウジしすぎていて、感情移入できず。

    篤生が現れなったら、ラストの日記のような人生だっただろうと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月04日

    最初の菜摘はあまりよいイメージは持てないかな。
    自分が変われば相手の見方が変わるっていうのは分かるな。そのためには相手に興味を持つことが大事っていうのも。菜摘はかなり魅力的になったんじゃないかな。

    菜摘と篤生の関係性はなんとなく分かったな。

    このレビューは参考になりましたか?

この冬、いなくなる君へ のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • この冬、いなくなる君へ
    文具会社で働く24歳の井久田菜摘は仕事もプライベートも充実せず、無気力になっていた。ある夜、ひとり会社で残業をしていると火事に巻き込まれ、意識を失ってしまう。はっと気づくと篤生と名乗る謎の男が立っており、「この冬、君は死ぬ」と告げられて――。ラストのどんでん返しに、衝撃と驚愕が待ち受ける!
  • あの冬、なくした恋を探して
    高校時代、最愛の恋人と衝撃的な悲劇により別れて以来10年、仕事一筋で生きてきた玲菜。ある日、親友に無理やりつれていかれた婚活パーティーで、玲菜は容姿端麗な青年・ハルと出会う。しかし突然「君は性格がブスだ」と言われてしまう。ショックを受ける玲菜に、「君の性格を僕が変えてあげる」と言い放つハル。そして玲菜に手渡したのは、なぜかクロネコのぬいぐるみだった……。至極の純愛物語。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています