この冬、いなくなる君へ

この冬、いなくなる君へ

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

文具会社で働く24歳の井久田菜摘は仕事もプライベートも充実せず、無気力になっていた。ある夜、ひとり会社で残業をしていると火事に巻き込まれ、意識を失ってしまう。はっと気づくと篤生と名乗る謎の男が立っており、「この冬、君は死ぬ」と告げられて――。ラストのどんでん返しに、衝撃と驚愕が待ち受ける!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
ポプラ社
掲載誌・レーベル
ポプラ文庫ピュアフル
ページ数
288ページ
電子版発売日
2019年02月08日
紙の本の発売
2019年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

この冬、いなくなる君へ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月05日

    最後とても感動しました。
    現実ではない、未来の自分の子供に会えると言うところが面白買ったです。いぬじゅんさんの本は好きなのでまた、新しい本も楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月11日

    主人公と今の自分と登場人物全てが重なり何回も泣きそうになってしまいました。
    この表紙を見ればこの話を読み終わった時に胸がキュッとなります。
    生きることという単純な話ではなく、心が死ぬ事に焦点を向けて、生きると死ぬ、自分を見つめる、他人を見つめるという生きる上でとても大切な事をストーリー性にして夢中に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月07日

    文具メーカーに勤める24歳の主人公、生久田菜摘は、仕事はミスだらけ、企画書も怖い上司にダメ出しされ、自分でもダメダメ人間と思っています。もちろん彼氏もずっといません。上司に仕事を命じられ、それが終わらずにひとり会社で残業していると、火事に巻き込まれ、逃げ切れずに意識を失ってしまいます。気付くと篤生と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月17日

    宣伝文句にやられてしまった。
    どんな死がやってくるのか?と思っていたら、物理的な死ではなく、心の死だった。ほんの少し勇気をもって行動し、人に関わることで、運命を乗り越えていく。次はどうなるのだろうと、ついついページをめくっていった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月04日

    最初の菜摘はあまりよいイメージは持てないかな。
    自分が変われば相手の見方が変わるっていうのは分かるな。そのためには相手に興味を持つことが大事っていうのも。菜摘はかなり魅力的になったんじゃないかな。

    菜摘と篤生の関係性はなんとなく分かったな。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年08月18日

    多少のネタバレはある……かもしれないので、一応ネタバレ指定を。

    読み終わって、じんわりと、読めて良かったと思った。
    自分から逃げてばかりで後ろ向きな思考の持ち主、ある意味「弱い」菜摘が、篤生から大切なことを教わり、アドバイスをもらい、支えられ、少しずつ「強く」なっていく。自分と向き合い、成長してい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年12月02日

    自分に自信が持てなく、周りにも不満不安だらけのヒロインが、ある男性と出会うことと身内の不幸に直面することで成長していくお話。

    きれいにまとまっていい話ですが、結局ファンタジー要素が強すぎるように感じました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年02月15日

    仕事もプライベートも充実させれず、自分に自信を持てない主人公菜摘の姿にとても共感したことがきっかけで購入してしまった本。
    ・与えられる助言を基に、運命を自ら切り拓いていくのは自分自身
    ・パラダイムシフト→視点を変えることで視えるものもある
    ・深く相手を知ることで自分も変われる、視点が変わる
    ・人は失...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この冬、いなくなる君へ のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • この冬、いなくなる君へ
    文具会社で働く24歳の井久田菜摘は仕事もプライベートも充実せず、無気力になっていた。ある夜、ひとり会社で残業をしていると火事に巻き込まれ、意識を失ってしまう。はっと気づくと篤生と名乗る謎の男が立っており、「この冬、君は死ぬ」と告げられて――。ラストのどんでん返しに、衝撃と驚愕が待ち受ける!
  • あの冬、なくした恋を探して
    高校時代、最愛の恋人と衝撃的な悲劇により別れて以来10年、仕事一筋で生きてきた玲菜。ある日、親友に無理やりつれていかれた婚活パーティーで、玲菜は容姿端麗な青年・ハルと出会う。しかし突然「君は性格がブスだ」と言われてしまう。ショックを受ける玲菜に、「君の性格を僕が変えてあげる」と言い放つハル。そして玲菜に手渡したのは、なぜかクロネコのぬいぐるみだった……。至極の純愛物語。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています