よっつ屋根の下

よっつ屋根の下

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

小学6年生の平山史彰は、父親の転勤のため、千葉県の犬吠埼近くの漁師町に引っ越してきた。田舎の暮らしには慣れてきたけれど、お母さんと妹は、まだ東京に残ったままだ。史彰は家族がまた一緒に住むことを願っているが、母と妹がやって来ないのには、実は複雑な事情があって……。父、母、息子、娘。それぞれの視点から、ひとつの家族の、10年間の物語を紡ぐ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2019年01月25日
紙の本の発売
2018年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

よっつ屋根の下 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月15日

    想定外の着地点になったものの、それでもすがすがしい気持ちのいい終わり方が胸に迫りました。離れて暮らしていたほうがより相手のことを思いやることができるのかもと少し皮肉めいた見方もしましたが、筋の通った家族の絆にはそんなの関係ないと思い直しました

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月20日

    息子、父、母、娘、それぞれの視点で見つめる物語。
    いくら家族だろうとそれぞれ譲れない部分はある。
    それを誰かが折れて家という枠に無理矢理収めようとするから窮屈に感じるのかもしれない。
    我慢し過ぎない、けれどお互いの思いをちゃんと分かってあげることが家族円満のコツなのだろうかと勉強になった。
    全ての章...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月17日

    父の左遷をきっかけして、1つの家族が、2つに分かれることから始まる物語。
    家族だから全てがわかりあえるわけではないし、形が大事なわけでもない。
    4人家族のそれぞれが思い、悩み、変わってゆくのが、愛おしい。
    タイトルの意味は最後にわかるが、その時には微笑んしまうこと、間違いなし。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています