妖怪奉行所の多忙な毎日

妖怪奉行所の多忙な毎日

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
紙の本 [参考] 792円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

妖怪奉行所は、日夜様々な妖怪がやってきては、助けを求める場所。烏天狗一族が与力、同心から牢番までを代々務めている。飛黒はそんな烏天狗の筆頭であり、奉行の月夜公の右腕だ。ある日飛黒が双子の息子右京と左京を奉行所に連れてきた。双子も将来は奉行所でお役目につく身、今のうちに見学させておこうというわけだ。夫婦喧嘩の仲裁、淵の主の脱皮の手助けと、今日もてんてこ舞いの烏天狗達。だが、その陰で双子だけでなく、月夜公の甥の津弓、妖怪の子預かり屋の弥助まで巻き込む、とんでもない事件が進行していた。大人気シリーズ第7弾。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
244ページ
電子版発売日
2019年01月12日
紙の本の発売
2019年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

妖怪奉行所の多忙な毎日 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年04月26日

    烏天狗の飛黒の双子の息子たちが中心になる話。職業見学で奉行所の見学。津弓とも親しくなって、一緒に見学したりお手伝いをしたり、武芸大会があったりと、今回は和やかな話だなぁと思っていたら、裏で大事件が起こっていて、えーって思っている間に次巻に続くという展開。そりゃないよー。というわけで、早く次が出てほし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月21日

    烏天狗の子供、右京と左京を中心に妖怪奉行所の日常を描いている巻。いろいろと我の強い子妖たちの多い中で、右京と左京は素直でいい子たちですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月24日

    シリーズ7巻

    弥助があまり登場しなかったが、前半はいつも通りいくつかのエピソードで伏線を張り巡らせて、最後にまとめるのかと思って読んでいたところ、完結しなかった。。。

    次巻が楽しみ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月20日

    右京と左京、かわいいなーかわいいなー。
    礼儀正しくて優しいいい子だけれど、子供らしさもあるふたりがほんとかわいい!津弓もこれからもっと成長していくんだろうな。梅吉はいたずら好きだけれど、一番周りをよく見ているのかも。

    とにかくかわいい。
    来月の8巻も楽しみ!心配だけど、親馬鹿たちがなんとかしてくれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月18日

    妖怪の子預かり屋シリーズ第七弾。

    預かり屋からはどんどん話がそれっぱなし。
    でも、双子の烏天狗がかわいいので許す。
    かわいいのは双子だからだけでなく、
    礼儀正しいから。

    その双子の母親が、姫の悪阻を心配して、
    蛙をこき使いながら、お粥の材料を集める話。
    お粥は結局姫に食べてもらえなかったが、
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月25日

    弥助君の出番は少なかったけど、右京と左京がと〜〜ってもかわいかったので満足。素直な子供の可愛さと、心の中の真実を見抜きそうな気がするその心持が嬉しい。
    成長したらきっと素敵な大人になるね

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月20日

    妖怪奉行所では烏天狗一族がお役目を一手に引き受けていた。飛黒はその筆頭で、奉行の月夜公の右腕だ。ある日飛黒が双子の息子、右京と左京を奉行所に連れてきた。双子も将来はお役目につく身、今のうちに見学させておこうというわけだ。大忙しの奉行所、だがその陰で月夜公の甥の津弓、妖怪の子預かり屋の弥助を巻き込むと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています