猫も老人も、役立たずでけっこう NHK ネコメンタリー 猫も、杓子も。

猫も老人も、役立たずでけっこう NHK ネコメンタリー 猫も、杓子も。

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

食う寝る遊ぶ、ときどき邪魔。それでいいじゃないですか。――NHKの人気番組「ネコメンタリー 猫も、杓子も。」から生まれた、養老センセイと愛猫まるの老老コンビが贈る痛快エッセイ!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
河出書房新社
ページ数
192ページ
電子版発売日
2018年12月21日
紙の本の発売
2018年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
12MB

猫も老人も、役立たずでけっこう NHK ネコメンタリー 猫も、杓子も。 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月07日

    『ヒトの欲にはキリがない。かたや、猫に限らず、動物は足ることを知っています』―『吾輩はまるである』

    「唯脳論」を読んだのは何時のことだったか。全ては脳の機能に帰結するという考えかと思いきや、あくまで脳を意識などに直結する機能を持つ身体として捉え、ホムンクルス的なものとして位置付けないというのが新鮮...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月06日

    ところどころに挿入された飼い猫「まる」の写真に癒される。徒然なるままに綴ったエッセイ。ひとついいなと思ったところは、養老さんの恩師が語った言葉の箇所。教養とはいろんな知識をたくさん知っていることではなく、「人の心がわかること」という一節。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月08日

     ああっと、これって、いわゆる「猫本」じゃありません。養老節炸裂で、お好きな方は、読みはじめると一気なので、もの足りません。ぼくは、何気に久しぶりで、お出かけのバスの中で終わりました。
     テレビのインタビューらしくて、いいたい放題で、スッキリ。なにせ、なにせ、もう、葬式も済ませている死んだ人は強い。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月19日

    もう過激な言葉は載せない、そののんびりとした語り口の中に密やかな抵抗がある。寝る、食う、遊ぶ、ときどき邪魔をする、そんな猫の生活に私も憧れを持つ。いいじゃない、そこにセレブもロハスも関係ないよ。幸せはこっちだよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月05日

     NHKネコメンタリー猫も、杓子も。で養老孟司氏が話されていたとりとめのない話がまとめられている一冊。
    なので、話し言葉で語るように書かれており、するすると読めた。学説的なお話も、経験談も持論も、深い感銘を受けたかと思えば、ちょいちょい挟まれるまるの写真にほっこりしてしまい、最後まで読み終えてみれば...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月15日

    猫ってうらやましいでしょ
    これでいいんですよ
    生きていくの
    どっちみち大して
    変わらないんだから
    養老先生その通りです。人間は必ず死ぬ事を確認させて頂きました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年06月28日

    こちらもまるという猫がかなり登場する。まるは「ものさし」なんだそうだ。『もっと成長を、もっと効率を。そんなものを必死に追い求めた結果、世の中はわけのわからないものになつてしまいました。しかも、誰もがそれを進歩だと信じ込んでいる。ヒトのよくはキリがない。かたや、猫に限らず、動物は足ることを知っています...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています