オシャレな人って思われたい!

オシャレな人って思われたい!

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

◆『アラサーちゃん』の作者による初の実録イラストエッセイ!
◆30歳すぎたら「モテる女」より「オシャレな女」!
◆ファッション、ビューティ、ライフスタイルの抱腹絶倒語録が満載!

「男ウケのいい服を着てむやみやたらにモテるより、
私がオシャレをしている姿が好きだと思ってくれる
男の人からモテた方がモテのクオリティが高い」と気付いた著者による
「オシャレな人って思われたい! 」ための
さまざまなエピソードを、名言いっぱいのエッセイ+イラストでご紹介!


―Contents―
【ファッション】
・性欲が失われないギリギリのラインってどこ…?
・ムダドレ、それは、か弱い乙女たちによる健気な防御
・どこに出しても恥ずかしくない、守りの勝負服
・現代社会で和装を嗜むためのマイルール
・虎の子コーディネートで行かせて
・俺はスニーカー“で”いいんだよ
・ランウェイとリアルの壁を越えていけ
・必ず毎年やってくる冬という恐怖
・わざとだよ…無銭オシャレだよ
・オシャレ顔とハズしのバランス

【ビューティ】
・週末ファスティングで、楽しくダイエットがした~い
・化粧ポーチの“タイムカプセル化”を直視せよ
・終わらない、かかと角質化との戦い
・人はそれを「おまじない美容」と呼ぶ
・顔の筋肉トレで美しくエイジング
・デリケートゾーンのこと、告白します

【ライフスタイル】
・ザ・ノンフィクションな部屋着を求めて30歳
・ファンシー好きという病の治療法
・クリーニングに困ったときは洗濯王子に尋ねましょう
・お風呂はいつだって、女子に優しいの
・取り締まる前に試してみようビッチ活動
・日用品だってハイファッションでしょ
・おもてなし手料理に抜け感を

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
暮らし・健康・美容 / ファッション・美容
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
扶桑社BOOKS
ページ数
160ページ
電子版発売日
2018年11月30日
紙の本の発売
2018年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
55MB

書店員のおすすめ

『アラサーちゃん』でおなじみの、元セクシー女優マンガ家・峰なゆかさんの初イラストエッセイ。

どのエッセイも女性なら思わず膝を叩きたくなる話が多い。
むしろ解りすぎて、膝のお皿を叩き割りそうな勢い。

中でも注目したいのは「ムダドレ、それは、か弱い乙女たちによる健気な防御」問題。
ムダドレとは、無駄にドレッシーの略。
作者曰く、シンプルでオシャレな恰好は確かに男ウケするナチュラル美人になれるけど、一歩間違うと地味なおばさんになってしまう。
そんな危険な賭けを回避するための手段が「ムダドレ」とのこと。

シンプルな服装こそ、難しいオシャレはない。
そこで作者が選ぶのは、これでもか!という過剰ファッション。
その結果、合コンでちはほやされる事はないものの、地味なババァと軽んじられる事もないという所に落ち着くのだ。

作者の涙ぐましい努力が時に滑稽でもあるが、誰しもそういった「やりすぎ」部分はある(と思う)。


描かれているイラストはどれも作者の鋭い観察眼により切り取られたシーンで、思わず笑ってしまうものも多い。
イラストがあることにより、より文章の納得がいくのだ。


女性はもちろんのこと、男性が読んでも楽しめるエッセイ。

オシャレな人って思われたい! のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年02月02日

     おしゃれに悩み迷走している様子にとても共感しました。
     美人画報が好きな人におすすめ。
     おしゃれの正解が書いてある本とかではないので、これを読んでもファッションの参考には出来ません。
     女子会の愚痴の本だと思ったほうがいいです。
     絵もかわいいし、文章も読みやすいのでスラスラ読めました。第二弾が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年12月05日

    「なんで真剣にオシャレ生活を送ろうとするほど人生が滑稽になってしまうんでしょうね。」

    ・調味料を100均等の容器に詰め替えてラベルを貼っている人たちをよくみかけるが"SALT"や"COFFEE"などはまだいいとして、"AJINOMOTO"...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています