千姫 おんなの城

千姫 おんなの城

作者名 :
通常価格 610円 (555円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

徳川秀忠とお江の娘として生まれたお千は、徳川家と豊臣家との絆となるべく、わずか七歳で大坂城に嫁ぐ。夫・秀頼や姑・お茶々との幸せな日々。しかし、それも徳川と豊臣の間に戦が起こることで終わりを告げた。夫と共に死ぬか、それとも……。大坂の陣後、ひとり生き残ったお千だったが、つらい運命が次々と襲いかかる。「火傷を負った坂崎直盛を嫌い、わがままを押し通して若くて美男の本多忠刻に嫁いだ」「春日局の片棒を担いで、影で大奥を牛耳った」「竹橋の屋敷に男を誘い込んでは弄んで殺した」など、いわれなき悪評を立てられるお千。しかし、そうした悪名を背負いながらも、お市、お茶々と受け継がれてきた「女にできる七つのこと」を心に刻み、ひたむきに生きていく。戦国の悲劇のヒロイン・千姫の、波瀾万丈の生涯を描いた長編力作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文芸文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2018年11月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

千姫 おんなの城 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年08月16日

    読みやすくてあっという間に終わってしまった。

    私はこういう千姫像の小説が読みたかったのかも知れんな…。

    好っきゃねん!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月08日

    やはり、歴史はひとつではないのだなと感じた。大河ドラマとも異なるものがあるし、どれが正解、というのはないのだろうけれど、
    千姫の話だけでなく、こういうのは釈然としないものが残るのは否めない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています