まる子だった

まる子だった

作者名 :
通常価格 506円 (460円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

まる子だったあのころをつづる爆笑エッセイ。大ヒット漫画『ちびまる子ちゃん』の作者が、子供時代を振り返る第2弾! ノストラダムスの大予言、モモエちゃんのコンサートetc. …爆笑と郷愁がこみあげる傑作エッセイ! (対談・糸井重里)

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
274ページ
電子版発売日
2018年11月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

    Posted by ブクログ 2019年01月14日

     さくらももこさんへの追悼の意味を込めてまとめ買いしたエッセイの6冊目です。
     まる子時代のエピソードが収録されています。ちびまるこちゃんのエピソードもたくさん登場します。ほっこりします。特にノストラダムスの予言には、私も妙な期待(?)をしていたなと思い出しました。1999年7月には何かしら起きるの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月11日

    さくらももこの作品のスゴいところは、人間の怠惰な部分をズバリ突いてる点だと思う。きれいなことを書くより難しいよなー・・・と、思う

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月02日

    多分10年くらい振りに読んださくらももこのエッセイ。
    自我が目覚めた頃にはさくら作品は家に並んでいて、「子どもも読みやすい本」として読んでいました。
    けれどとんでもない、紛れもなく大人が読むべき抱腹絶倒、比類なきセンス且つ下品な文章!
    三浦しをんや奥田英朗や益田ミリといった好きなエッセイストが少し霞...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年08月22日

    さくらさんの幼き日々も面白いことがいっぱいです。

    「まるこだった」「あのころ」と合わせて読むといいです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2008年11月27日

    ほのぼのします。まる子の小学生時代の話を読んでいると凄く昔を思い出す。
    何年経っても在り方が変わらないといいな

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2008年08月15日

    この本は確か続きものではない三部作のひとつでしたね。
    続いていないので気にせずこの本から読んでしまいました。
    どのお話も最高に笑えます。漫画家なのにこんなに面白い文章を書けていいのか?!という凄い本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2008年03月18日

    これまた昔の話。
    どれだけ濃い小学校時代だったんだよと言いたくなる位面白い。山口百恵さんのコンサートに行くお話は、本当こっちまでドキドキしてしまいました。それに、離婚騒動とか自分も心配した時あったなって同感してしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2007年08月04日

    言わずと知れたさくらももこさんのエッセイ。初めて読んだのは中一の頃でしたが、面白くて何度も読み返しました。一々笑えるから凄い!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2007年04月05日

    さくらももこの本は何でもおもしろい。ニヤニヤがとまらない。この本は、まるこだった頃のエピソード満載☆お母さんとヒロシの離婚騒動の話が好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2007年03月22日

    さくらももこさんの独特な文章は読んでいて落ち着く。
    なんで私はこの時代に生きてないんだろう。とか思ってしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています