未来年表 人口減少危機論のウソ

未来年表 人口減少危機論のウソ

作者名 :
通常価格 864円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

2020年代 労働力人口が5年間で300万人減り、日本経済が大打撃を受ける!
2030年代 地方の生産年齢人口が激減し、地方税収が落ち込む!
2040年代 自治体の半数が消滅の危機に陥り、行政運営に支障が出る!
2050年代 団塊ジュニア世代の高齢化で、社会保障制度が崩壊の危機に!
2065年 2.5人に1人が高齢者となり、日本は貧しい国になる!

だから、どうした? 人口が減ると、何か問題でも? 経済学者・高橋洋一が、いま話題の「未来年表」を一刀両断! 人口減少危機論を煽る黒幕の正体を暴く!!

本書は、2018年9月末時点の情報に基づき執筆されております。

ジャンル
出版社
扶桑社
掲載誌・レーベル
扶桑社BOOKS
ページ数
224ページ
電子版発売日
2018年12月02日
紙の本の発売
2018年11月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2019年01月02日

巷で流布されている人口減少によっておこるとされている事象が本当におこるのか分析した一冊です。先進国である日本で起きている人口減少は、産めよ増やせよの時代と違い鮮明になってきていますが、その原因は今でも明確には解き明かされてはいないようです。個人的には、年金の問題が一番気にかかっていましたが、さほど気...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月02日

 あまりにも人口減少危機論が多いため、逆の論はないかと思い本書を読んだ。
 基本的にマクロの視点から、社会保障や移民政策等を論じている。中には頷けない意見もあるが、移民政策で欧米を見習えば、その欧米で起きている騒乱が引き起こされる、という論には同意。
 しかし、社会の人手不足の声が高まっている現状、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています