アリエリー教授の「行動経済学」入門-お金篇-

アリエリー教授の「行動経済学」入門-お金篇-

作者名 :
通常価格 1,782円 (1,620円+税)
紙の本 [参考] 1,980円 (税込)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「電子マネーはムダ使いしやすい」「老後よりも今の楽しみを優先」「高価格=高品質と思い込む」など、人はお金に関して不合理な考え・行動をしてしまう。その仕組みがわかれば、お金が貯まり、欲しい物も手に入る! 行動経済学の火付け役アリエリーの集大成。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
早川書房
ページ数
336ページ
電子版発売日
2018年10月31日
紙の本の発売
2018年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

アリエリー教授の「行動経済学」入門-お金篇- のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年09月01日

    相対性でお金を考えないようにする。
    クレジットは痛みを消す
    出費と消費が同時に行われると痛みをともなう
    アンカリング、確証バイアス
    サンクコスト
    公正さが支払いの際の心情に影響を与える
    機体が価値判断を歪める
    機会費用→これを買えば何を犠牲にするかを思い浮かべる
    全ての物事は相対的
    公正さと労力を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月30日

    行動経済学の中でも、特にお金にフォーカスした本作。
    人がお金を使う時に、どういう思考で財布からお金を出すのかを、具体例を用いながら説明していく。
    今まで漠然としていたお金が、読み終わると親近感の湧くツールとなるだろう。
    訳者の技術もあると思うが、非常に軽妙な文章で読みやすかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月21日

    ・人は日常の多くの場面で、お金に関する心理的過ちを犯す。例えば、普段は節約しているのに、カジノで大金を使ってしまう。こうした矛盾が起こるのは、カジノでの出費を、生活費とは別の「心の勘定科目」に仕訳しているから。

    ・モノやサービスの価値は、単体で計るのが難しいため、多くの場合、競合製品などと比較する...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月21日

    セール品に目がない。当たりが出るまでクジを引き続ける。有料登録をずるずる続けてしまう…。日常で犯してしまう、お金にまつわる「不合理」な決断の原因や対策について、行動経済学者ダン・アリエリーらがお金の失敗エピソードを交え解説する。行動経済学の基本から応用までわかる入門書。


    第1部 お金とはなんだろ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月22日

    いかに消費者にお金を使わせるか。消費する側はいかにそれを見破るか。

    三つの価格帯のものがあれば真ん中の価格帯を消費の中心と考える。相対的な価格を見せることで、消費者はよい買い物をしたという優越感につかれる。また未来への貯蓄よりも今目の前の消費の方が価値があると考える。たとえ同じ商品であっても、物語...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年06月14日

    お金*行動経済学
    「合理的に非合理」よりも好き.
    (行動経済学が身近なところで生きるのはお金に絡むことが多いから)

    消費者からあの手この手で商品を買わせようとする現代の消費文化とそのトリックを行動経済学というメガネを通して可視化,賢い行動を啓蒙している

    ・相対性:「X%OFF」はその支出を肯定す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています