トランプがローリングストーンズでやってきた USA語録4

トランプがローリングストーンズでやってきた USA語録4

作者名 :
通常価格 764円 (695円+税)
紙の本 [参考] 770円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

世界のバカはアメリカをめざす!
過激で“使えない”新語・失言がてんこ盛り!
サブカルから政治まで、マッドなアメリカがほとばしる

「週刊文春」連載「言霊USA」をまとめた人気シリーズ、文庫化第4弾。
アメリカ在住映画評論家の町山智浩氏が、いまアメリカで起きているおバカな出来事、日本では考えられないハチャメチャなニュースを、現地で流行ったスラング、失言、名言をもとに面白おかしく、かつ歴史的な背景も絡めながら解説。
鋭い毒舌、切れ味抜群のギャグが、よりいっそう過激に炸裂!澤井健氏のイラストも完全収録。

今回は2015年3月からの一年間の掲載分をまとめている。大統領候補に名乗りを挙げたトランプの姿がようやくチラホラと現れ始めるが、町山氏もまだこの頃はトランプを本気で大統領になるとは思っていなかった。しかし、そうしたマッドな事態が起こりうる予兆は、この頃すでにアメリカを満たしつつあったのだ。
フランスのテロ、スターウォーズの新作映画(『フォースの覚醒』)や移民排斥問題など、ホットな話題が満載。また、ショーン・ペンのメキシコ麻薬王訪問の舞台裏や、知る人ぞ知るテキサスの「おっぱいレストラン」、ハッパでキメながら大統領選に立候補宣言したカニエ・ウェストなど、サブカルから政治まで、筆者の幅広い持ち味、ユーモアが存分に詰まった、ファン必読の一冊。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 国際
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2018年10月06日
紙の本の発売
2018年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
15MB

トランプがローリングストーンズでやってきた USA語録4 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年11月16日

    アメリカ在住の映画評論家・コラムニスト町山智浩氏の
    『週刊文春』連載「言霊USA」書籍化第4弾の文庫版。
    ……と言っても、本として纏まった形で読むのは初めて。
    内容は2015年3月~2016年3月の約1年分。
    表題はドナルド・トランプが演説の際に
    ローリングストーンズの曲を使用したことに由来するが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています