星系出雲の兵站 1

星系出雲の兵站 1

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
紙の本 [参考] 924円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

人類の播種船により植民された五星系文明。その主星である出雲は、人類外の無人衛星が発見された壱岐星系への介入を決定するが……。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(国内)
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫JA
ページ数
384ページ
電子版発売日
2018年08月31日
紙の本の発売
2018年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

星系出雲の兵站 1 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年10月31日

    地球人が恒星間宇宙に進出している時代、播種船で入植に成功したのが、出雲星系だった。他に5つの星系があり、壱岐星系もそのひとつ。壱岐星系でも辺境の空間が壱岐星系第三管区であり、そこで異星人の痕跡と接触する。そこからは異星人(ガイナスと呼ばれる)を敵とみなしての戦争準備が始まる。序盤には派手なドンパチは...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月09日

    #日本SFSF読者クラブ はるか未来に播種船(シドニアかな)によって植民された五つの星系。そこで人類のものではない人工衛星が発見される。もしや異星人=侵略者では。
     ミリタリーSFなのだが、「兵站」に焦点を当てている。たぶんにポリティカルSFの要素もある。一癖も二癖もある登場人物多し。まあ「大河ドラ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月17日

    又長編モノに手を出してしまったが、宇宙を舞台に兵站とは何かが延々と綴られるのかぁ?続きを買うのは止めとくって思えば最後の方に展開があって気になる

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月05日

    物語もまだ序盤。登場人物達に好感が持てるので行く末を見守りたいです。ちょっと設定が有りふれてる?と言うかどうなのかな…面白いのかな?と始めは不安で読み切れる自信は無かったのですが、この巻の中盤から最後までは怒涛の勢いなので惹き込まれます。次巻、期待してます。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年10月14日

    「人類播種計画」の先の世界。

    異星人による人類絶滅を防ぐ為の播種計画が成功したらしいのだが、
    ・予定地とは違うところについたらしい
    ・母星系との連絡は完全に絶えた
    ・そもそも、これまでの経緯が「伝承」となる程の時間が経過し、異星人との戦いに備えていたはずが形骸化している
    ・二次植民が成功しているが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

星系出雲の兵站 のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています