果糖中毒―――19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?

果糖中毒―――19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?

作者名 :
通常価格 2,376円 (2,160円+税)
紙の本 [参考] 2,640円 (税込)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

低炭水化物ダイエットは正解か? 脳が砂糖をやたら欲しがるのはなぜか? 食べた分だけ動けば確実にやせるのか? カロリーを減らせば体重は減るのか? アメリカの一流医科大学院教授が229の医学論文から導きだした「食事」の結論とは。あなたは「誰か」に太らされている!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
暮らし・健康・美容 / 健康・医療
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
512ページ
電子版発売日
2018年09月13日
紙の本の発売
2018年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

果糖中毒―――19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか? のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年11月09日

    果糖の問題点をよく理解できた。筆者は、政府がジュースを低所得者に配り、肥満を招いていたことから活動を始める。肥満の原因は、患者自身にあると考えられがちだが、そうではないと筆者は言う。ホルモンが原因だという。インスリンが多ければ多いほど、脂肪も増える。低糖の食事をとり、食物繊維が豊かな食べ物をとり、同...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月28日

    今まで読んだ食に関する本の中で一番良かった。内分泌系から見た肥満とメタボの仕組みがよく理解できた。食品の中には本当に沢山のものに果糖や人工甘味料が含まれている。今まで食品表示を必ず見るようにしていたが、食品表示のあるもの全てが加工品という著者の見解に、まさに目からウロコ状態。また、冷凍食品やスムージ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月15日

    本物の食べ物、即ち腐るものを食べること。
    運動すること。
    食物繊維をとること。

    糖分には中毒性がある。
    糖分の成分である、アミノ酸、エタノール、果糖の中でも最も過剰摂取が有害なのが、果糖である。

    皮下脂肪と内蔵脂肪は別であり、
    皮下脂肪が身体に良く、内蔵脂肪が身体に悪い。
    脂肪の8割は実は皮下脂...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月18日

    今の時代、痩せるには、「知識と思考を行動につなげること」
    が最も大事だなと思わせてくれる稀有な書籍です。
    圧倒的な知識量と、エビデンスの豊富さは、○○すれば、痩せられるよと唄う、
    多くのダイエット本とは、一線を画しています。
    今の時代における「健康」とは何かを考える上でも、
    非常に参考になると思いま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月04日

    果糖中毒 19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?。ロバート・H・ラスティグ先生の著書。果糖中毒はもしかしたらアルコール中毒や薬物中毒、ギャンブル中毒と同じくらい恐怖に満ちていて依存性も強いのかもしれません。依存性が強いだけではなくて、果糖中毒は人間の健康を着実に蝕んでいく。学校教育でもア...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月28日

    糖分の悪とそれへの対策。ポイントは食物繊維と思う。糖質制限や、原始人食などの各種ダイエット法を分析しているところも面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月25日

    今や全世界的に問題となっている肥満について、最新の研究成果を一般読者向けに解説した一冊。

    一般に肥満は食生活を含めた生活習慣の問題として片付けられることが多いが、実はその生活習慣は身体のホルモン・バランスの影響を強く受けるものであり、単純な「意志の問題」ではないと指摘する。合わせて長年その栄養価が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月18日

    以前、砂糖の恐ろしさを描いた「あまくない砂糖の話 THAT SUGER FILM」というドキュメンタリーを見たことがある。

    その時にすごく衝撃を受けたのがアメリカ政府と食品業界の関係

    この本にもあるけど低所得者への支給に糖類がたっぷりのジュースやインスタント食品が多いという話がある
    「安いから」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月12日

    たった30年で世界に肥満が蔓延した。自己責任じゃないし、運動による消費不足でもない。脂肪悪玉説は素人説、脂肪になるのは果糖。依存症をもたらし、太らせる原因には、ホルモン、脂肪細胞、ストレス、精製糖商品などがある。

    糖と脂肪でできたものは、美味しくて抗えない。でも、世の中の認識は、良いものから悪いも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年08月17日

    普段の食生活においてQCD(栄養(健康 )・コスト・時短 )を最適化するにはどうしたらいいんだろうと思っていた。

    糖への興味だけでなく食べること全般においてインプットしておくべきことが書かれている。

    ・日常的な食事で心がけること。
    お菓子、清涼飲料水、ファストフード、精製した炭水化物、アルコール...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています