キオスクのキリオ

キオスクのキリオ

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

とある郊外の駅のキオスクに勤めるキリオは関西弁の中年男。彼は訪れるさまざまな人と、「袖すり合うも多生の縁」を持ってしまう不思議な男だ。本人にはその気が無いのに、結果としてはなぜか人生相談になり、妙に深い関わりを持つことになる。人徳か? 脇が甘いのか? 連作短篇集。

ジャンル
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま文庫
電子版発売日
2018年07月20日
紙の本の発売
2017年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2017年05月20日

    関西弁でほんわかとした雰囲気でありつつ、ちょっとシュールな感じもした。と思ったら元は即興で作られた物語だったんですね。
    納得しました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年05月28日

    キオスクで働くキリオ。彼の元には、なぜかさまざまな人が訪れ、彼に無理難題をもちかける…。なんだかおかしい、なんとも不思議な連作短篇集。森下裕美が描き下ろしたキリオのイラストを加えて文庫化。

    不思議な不思議なおっさん。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています