いつか来た町

いつか来た町

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

雨に濡れた町は、すべてが目に色濃く、音は少しくぐもって聞こえる――。頬に感じた風の香り、あの日のカルピスの味、指先に触れた黒白の鍵盤の温度……。歌壇を牽引し、心の琴線にふれる言葉を紡いできた著者が、二十五の町の表情を五感でつづる。瑞々しい感性で掬い取られた何気ない日常の風景やワン・シーンが、あたたかく、せつなく、時に妖しく映る。あなたを愛おしい気持ちに包み込んでくれる珠玉の一冊。『東京都北区赤羽』の著者にして、町歩きの奇才・清野とおる氏による特別解説付き!

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文芸文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2018年02月16日
紙の本の発売
2017年03月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
7MB

    Posted by ブクログ 2017年04月07日

    電車に乗って、池袋に着くところでちょうど池袋についての章を読んでいて、びっくりした。
    言葉はきれいで心地よいのだけど、私にはちょっと読みにくかったかな。。
    東さんは小説の方が好きかも。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています