ゆらゆら橋から

ゆらゆら橋から

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

健司の通う小学校に、東京から美しい先生が赴任してくる。昔の恋人を引きずる彼女に健司は心を奪われて――(「ゆらゆら橋」)。中学に入った健司は結核の少女に恋をした。だが彼女は感染を心配し、近づかせてくれない。やがて容態が急変し…(「林檎色の血」)。大人の女性への憧れ、身を焦がす嫉妬、そして永遠の別れ。少年期から熟年期まで、ひとりの男性が人生で出会った切ない恋を描く連作短編集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
424ページ
電子版発売日
2018年07月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ゆらゆら橋から のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2011年08月11日

    この作品の中の『林檎色の血』、泣いた。

    恋愛小説というものを読んだことがなかったから新鮮だったのかもしれない。

    少年の恋が無骨ながらストレートで純粋で、忘れていたものを思い出した感じ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月16日

    女性に幻想を抱きすぎるのはよくないですよね。そう思います。筆者も強くそう思っているようです。でもやっぱり夢みているんだと思います。そう読めます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    なかなか面白い作品だった。
    1人の男の小学校時代から、50過ぎの壮年になるまで・・その中で出会う様々な女性たち。
    いずれも彼の人生において忘れられない存在となる。

    特に最初の話(小学生時代)で、田舎にふと現れた都会の匂いを感じさせる女性教師。
    このエピソードには、少なからず興味を抱いた。
    確かオレ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年01月12日

    ある男性の小学生から52歳までを描いたストーリー。


    池永さんの作品はどれも本当に引き込まれる。


    全体を通して、女性からしてみると、
    なんだかたよりなくてもろく見えてしまいがちだが、
    どの女性も当時は真剣に愛していた健司の素直さや単純さがどこか
    かわいらしくて読む手がとまらなかった。



    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング