有料版の購入はこちら
通常価格: 1,265円
 (1,150円+税)
紙の本: [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント:

6pt

落ちこぼれ[☆1]魔法使いは、今日も無意識にチートを使う のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    落ちこぼれなんて、とんでもない

    まろん 2021年02月26日

    どうして「落ちこぼれ」なのか?
    凄く「出来るひと」なのに。
    悲しくなるほど、自己評価が低すぎます。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    薄い

    kisaragi_kaede311 2021年09月08日

    2巻まで読んでの感想

    タイトルからは落ちこぼれの主人公が努力して成り上がっていく様な印象だが、実際はよくあるチートハーレムもの。

    主人公が☆1という最下級層に分類され差別されるのだが、そもそもどうして☆1だから差別されるのか描写がなくモヤモヤする。
    また差別されると言う割に主人公に対し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

落ちこぼれ[☆1]魔法使いは、今日も無意識にチートを使う のシリーズ作品 1~8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • 落ちこぼれ[☆1]魔法使いは、今日も無意識にチートを使う
    最低ランクのアルカナ☆1を授かったことで、冒険者としての夢を絶たれた少年――アストルは、ギルドで居つきの治癒魔法使いとして細々と活動していた。ある日、馴染みの冒険者の魔物討伐に同行したところ、彼が独自に研鑽した魔法技術と柔軟な魔法運用に、熟練冒険者達が驚愕。その力を高く買われ、アストルはパーティメンバーとして迎え入れられたのだった。頼れる仲間を得た稀代の魔法使いが、最低評価を覆す!
  • 落ちこぼれ[☆1]魔法使いは、今日も無意識にチートを使う 2
    アルカナ判定の儀式で最低ランクの☆1を引いたことで冒険者予備学校を追い出されてしまった少年、アストル。無能者とされる☆1ながら自在に魔法を操る彼は、その実力を認められて元貴族の冒険者エインズのパーティに加入した。ある日、領都の冒険者ギルドを訪れたアストル達は、伯爵の公式調査団がダンジョン深層で行方不明になったという噂を耳にする。調査団には予備学校時代の友人が! アストルは友を救うためにパーティメンバーとともに立ち上がる!
  • 落ちこぼれ[☆1]魔法使いは、今日も無意識にチートを使う 3
    アルカナ判定の儀式で最低ランクの☆1を引いた少年、アストル。彼はその類い稀な魔法の実力を認められ、元貴族の冒険者エインズのパーティに加入した。帰郷を終えて風光明媚な観光地ローミルの町に滞在していたアストルは、そこで不穏な噂を耳にする。故郷の東スレクト村が未知のフィールドダンジョンに呑み込まれたらしい。死者に寄生し魔物へと変える恐るべき茸が蔓延る迷宮の拡大を防ぐべく、アストル達は急造パーティで迷宮攻略に挑む!
  • 落ちこぼれ[☆1]魔法使いは、今日も無意識にチートを使う 4
    アルカナ判定の儀式で最低ランクの☆1を引いた少年――アストルは、その類い稀な魔法の実力で周囲に認められつつあった。アストル達一行は、妹の受験のために大陸最高峰の学園都市を訪れたものの、出願期限はとっくにすぎていて、門前払いされてしまう。そんな中、怪しげな人物が「アストル本人も入学するなら受験のチャンスを与える」と声をかけてきた。その言葉に従って入試に挑む一行。しかし、規格外の☆1の名はこの学園でも知られており、格好の研究材料として争奪戦が始まっていたのだった!
  • 落ちこぼれ[☆1]魔法使いは、今日も無意識にチートを使う 5
    アルカナ判定の儀式で最低ランクの☆1を引いた少年、アストル。彼は一般的に無能とされる☆1ながら類い稀な魔法の実力を評価され、西の国で『賢人』の地位を得た。そんな彼のもとに原因不明の奇病で伏せるエルメリア王国第一王女の治療依頼が舞い込んだ。なんと、その依頼主は王女の“別人格”を名乗る女性だった。彼女が語る病の真相――それは、精神の迷宮化。己の境遇に絶望した王女は自分の夢をダンジョンに変え、その中に閉じこもってしまったのだ。夢の世界に囚われた王女を救うため☆1魔法使いが前代未聞の精神ダンジョンに挑む!
  • 落ちこぼれ[☆1]魔法使いは、今日も無意識にチートを使う 6
    アルカナ判定の儀式で最低ランクの☆1を引いた少年、アストル。彼は一般的に無能とされる☆1ながら類い稀な魔法の実力を評価され、西の国で『賢人』の地位を得た。そんなある日、,アストルのパーティメンバーの姉妹が行方不明になってしまう。二人を連れ去ったのは『ダカー派』と呼ばれる奇妙な竜教徒の集団。彼らは姉妹を生贄にして、自らが信奉する邪竜の復活を目論んでいた。邪竜復活の儀式を止め、囚われた姉妹を救うべく、アストル達は竜の島に乗り込む!
  • 落ちこぼれ[☆1]魔法使いは、今日も無意識にチートを使う 7
    アルカナ判定の儀式で最低ランクの☆1を引いた少年、アストル。彼は一般的に無能とされる☆1ながら類い稀な魔法の実力を持っていた。暗黒竜との戦いで一度魂を失ったアストルは、イコマの地で気を用いた治療と訓練を受けようやく調子を取り戻しつつあった。久しぶりに根拠地とする塔へと戻るアストル一行だったが、その道中、何故か多数の刺客に襲われる。知らぬ間に賞金をかけられ、『☆1狩り』の対象にされていたのだ。アストル不在の間、エルメリア王国では☆至上主義を掲げる第二王子が王位を簒奪し、☆1排斥の動きが活性化していた。王国の分断と混乱を収め、迫りつつある人類の危機に備えるため、☆1“魔導師”アストルが立ち上がる!
  • 落ちこぼれ[☆1]魔法使いは、今日も無意識にチートを使う 8
    続巻入荷
    アルカナ判定の儀式で最低ランクの☆1を引いた少年、アストル。彼は一般的に無能とされる☆1ながら、その類い稀な魔法の実力から“魔術師”の二つ名で呼ばれるようになっていた。クーデターを起こした第二王子リカルドから王位を奪還するために、アストル達パーティは王都エルメリアを目指す。その道中、彼らに驚くべき情報がもたらされる。なんと、王都が迷宮化して『魔王城』になったという。何者かが――おそらくリカルドが、王都地下に眠る巨大ダンジョンコアの力を使い、古の魔王の封印を解こうとしているのだ。その影響で、周囲には瘴気が満ち溢れ生物が異形の怪物へと変貌しはじめていた。人類淘汰の脅威から世界を守るべく、稀代の☆1魔法使いと彼のもとに集まった英傑達が立ち上がる!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

落ちこぼれ[☆1]魔法使いは、今日も無意識にチートを使う に関連する特集・キャンペーン