不機嫌は罪である

不機嫌は罪である

作者名 :
通常価格 907円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

慢性的な不機嫌は自らを蝕むだけでなく、職場全体の生産性を下げ、トラブルやハラスメントの火種になる。SNS時代の新たな不機嫌の形にも言及しながら、自身と周囲を上機嫌にし現代を円滑に生きるワザを伝授する。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川新書
電子版発売日
2018年05月10日
紙の本の発売
2018年05月
コンテンツ形式
EPUB

書店員のおすすめ

作品名にある「不機嫌は罪である」本書の主な内容である。不機嫌な人と接すると不機嫌が伝染してしまい空気がよどみ全てが不機嫌の空気に包まれてしまう。不機嫌な人とは出来るだけ付き合いたくないと思うのは人間の常である。職場であれば仕事の効率は下がり、関係性もうまく築けない。何も良いことはないのである。冒頭にある「職業としての上機嫌が求められている」まさに納得である。人間関係を円滑に回すためには「上機嫌が必須」である。「不機嫌」では伝わりずらく「上機嫌」であれば伝わり方も数段違う。本書では「不機嫌の罪」だけでなく「不機嫌の解消法」などもあるので職場環境や人間関係に悩んでいる人にはぜひ読んでほしい1冊である。

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年08月09日

確かに、同じに生きるなら上機嫌の方が自分にとっても、周囲にとってもいいに決まってる。
映画や音楽など、齋藤先生を上機嫌にする趣味には意外なものもあったが、まあ、人それぞれ、自分のゴキゲンをちゃんと取れるのは良いこと。
長年、男たちの不機嫌のもとで苦労してきた女性に言及されている点を特に評価したい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月09日

不機嫌は罪である。斎藤孝先生の著書。不機嫌な人がいると組織全体の雰囲気が悪くなる。私も自己中心的で子供じみたところがあるから、自分の意見が通らないと不機嫌な態度や表情をしてしまいがちかもしれない、と改めて反省。大人なら不機嫌さを表に出してはいけない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月12日

買ってまだ数時間、数ページだが
早くも『自分の中のランキング上位』の予感。
自分の、普段を顧みながら反省しながら読み進めていくか、とになりそう。


で、読み終えたが、いゃぁー面白かった。
機嫌をよくする、それがどれ程に大切で、難しいかを学んだ気分。
けど流石は齋藤孝、その具体的な答えも提供してくれ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月28日

いや、書名の通り。ほんとそう思います。
こちら(ニューヨーク)に来て学んだことの1つであり、アメリカに来てよかったな、と個人的に思っていることは「上機嫌」でいることの大切さと効力を身をもって学んだこと。特に集団の中のリーダー、1番目上の人は上機嫌でいなければダメですね。この本でも書かれているように、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年09月29日

人を動かすために不機嫌を用いる時代は終わり、現代社会においては上機嫌であることがより良い組織作りに必要なスキルであることを説く。立場が上の者が一方的に威圧するやり方ではなく、チーム全員が納得・共感しながら目標へ向かう手法が幸福度も高く成果も出やすい。「オープンマインド・オープンバディ」というキーワー...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play