異界怪談 暗渠

異界怪談 暗渠

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

内容紹介

恐怖も飲み込む巨大な闇に、実話地獄絵が見える…。黒史郎の奇妙なテイストの怪談が新たなシリーズで始動する!妻が産気づき病院に連れて行った後、家に戻った夫。そこに母親から不可思議な電話が…「サンケヅク」、同級生の女友達の特技は幽体離脱。身体を見張っててという彼女の身に起きたこと「幽体離脱」、毎晩大量飲酒をするも吐いたことはない。ただ一度だけ、あの時吐いたものはいったい?「厚意を吐<」など39話を収録。暗闇の中にそっと佇む怪異たちはじんわりと纏わりつく。

著者について

黒史郎(くろ・しろう) 小説家として活動する傍ら、アニメやゲーム関係の仕事も精力的におこなっている。また、実話怪談も多く手掛けている。単著に『黒塗怪談 笑う裂傷女」「実話蒐集録」シリーズなど。共著に「FKB饗宴」「怪談五色」「百物語」「瞬殺怪談」等シリーズ、「怪談四十九夜」など多数。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ホラー
出版社
竹書房
掲載誌・レーベル
竹書房文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2018年04月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

異界怪談 暗渠 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年09月25日

    たたりや呪いといった「お約束の因果律」を軽々と飛び越えた不可解・奇妙な話が多く、ひさびさに怖い怪談集。個人的には「父の怖い話」「遺言」あたりが印象に残った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月09日

    黒さんの怪談だから、面白そうだとも思ったんだけど
    そんなに怖くはなかったです。
    読みながら、あぁ~ここでゾっとさせたいんだなぁ~と
    わかってしまう自分がいる(^◇^;)
    気に入ったのは「汁猫」
    タイトルからして幽霊詐欺師ミチヲシリーズ的な
    グロイ感じが漂ってます(○ ̄m ̄)
    ただ、ちょっと切なかった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

竹書房文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング