霧の街のミルカ 円卓の乙女とただひとりの騎士

霧の街のミルカ 円卓の乙女とただひとりの騎士

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

男嫌いの令嬢ローズマリーの話し相手(コンパニオン)になったミルカ。ローズマリーは二人の少女と騎士と乙女のゲームに熱中していた。「王妃、湖の乙女、騎士の婚約者。三人のうち、もっともさびしいのは?」令嬢たちに謎かけを挑まれたミルカだが、行方不明の青年が鍵になっているようで…。アーサー王の伝説を廻り少女たちの想いが交錯する!? 大好評エドワード朝ロマンティックミステリー!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 集英社コバルト文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2018年04月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

霧の街のミルカ 円卓の乙女とただひとりの騎士 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年01月17日

    ミルカの第2弾の話。
    これだけ読んでもわかるけど、やはり前作を読んでからが楽しめる。
    可愛らしい話。
    さらりと読んで、元気が出るそんなお話。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ミルカの抱えているらしい大きな事情といい男たちに比して、令嬢たちのエピソードがあまりに貧相ではなかろーか。謎でもなんでもないような。青年の行動に理由がなさすぎ、そしてそのエピソードが大きな話の流れのなかで有効に機能しているとも思えん……読んでるときはミルカの人物造形が魅力的なので楽しく読めるんだが。

    このレビューは参考になりましたか?

霧の街のミルカ のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 霧の街のミルカ 忘れられた花と人形の館
    20世紀初頭、秋のロンドン。17歳の少女ミルカは結婚を控えた令嬢の話し相手(コンパニオン)になるため、郊外の館を訪れた。由緒ありげな大きな館には不似合いの若い執事スティーヴン、よそよそしい使用人たち。その上令嬢キャロラインの婚約者はなぜか彼女の行動を監視しているようで…。ミルカは渋るスティーヴンを巻き込み、持ち前の明るさと機転で館の謎を追う!? 英国ロマンティックミステリー!
  • 霧の街のミルカ 円卓の乙女とただひとりの騎士
    男嫌いの令嬢ローズマリーの話し相手(コンパニオン)になったミルカ。ローズマリーは二人の少女と騎士と乙女のゲームに熱中していた。「王妃、湖の乙女、騎士の婚約者。三人のうち、もっともさびしいのは?」令嬢たちに謎かけを挑まれたミルカだが、行方不明の青年が鍵になっているようで…。アーサー王の伝説を廻り少女たちの想いが交錯する!? 大好評エドワード朝ロマンティックミステリー!
  • 霧の街のミルカ 帰らぬ王子と初恋の都
    ミルカは雇い主で所長のオシアンにデートに誘われたものの、以前仕事で知り合った従者(ヴァレット)のスティーヴンも気になっていた。連絡の取れないスティーヴンの勤め先に赴くと、主人の命で北の島国の姫君を訪ねているという。失踪した姫君はロンドンに向かったらしい。事件と恋のさや当てにとまどうミルカの前に現れたのは意外な人物で…。謎の所長VS若き従者、ミルカをめぐる恋の行方は!?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社コバルト文庫 の最新刊

無料で読める 女性向けライトノベル

女性向けライトノベル ランキング