英国一家、日本をおかわり

英国一家、日本をおかわり

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

『英国一家、日本を食べる』で一躍脚光を浴びたマイケルが、ティーンエイジャーになった息子二人と妻とともに、帰ってきた! 日本人の勤勉さに学びたい……と思いつつも、食いしん坊の血が騒ぐ! ハブ酒や鮒寿司にくらくらし、海上自衛隊で海軍カレーを食べ、蕎麦を打ち、餅をつき、麹菌を見て、雲丹の殻を剥く。食べているうちに、日本の不思議も見えてきた。イケメンに壁ドンされたり、砂むし温泉に入ったり、お茶席で足を痺れさせたり……。突撃取材すればするほどわかる、日本の食はこんなにすごかった! 列島縦断珍道中、爆笑の体験型食エッセイ!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川書店単行本
電子版発売日
2018年03月29日
紙の本の発売
2018年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2019年11月14日

    沖縄から知床まで日本横断。グルメレポートのようでもあり、旅行記のようでもあり。こだわりの銘品は気になりますね。ただ褒めるだけでなく、自分の舌に合わないときも、正直に述べているのは、とても好感持てます。日本以外でもマイケルの旅に期待。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月15日

    続編。子供が10代になってから日本をあちこちする。前作よりは子供が大きくなってるからドタバタ感がなく、取材が多め。
    でも私の全然知らなかったようなことまで取材されているから面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月15日

    お子さんたちに日本人の勤勉さや 職人のストックさを
    学んでほしいと思ったようで食の職人たちへの取材が多くなっています。内容もすごくストイック!日本人でも知らないような麹と麹菌の違いとか緑茶の起源など
    新書並みに 勉強になります

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年05月06日

    マイケル・ブースさんのこれまでの本の中で一番よま書かれているもの。にほんのありとあらゆるところに行って、食べて、その感想が書かれている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月15日

    前世紀の末からTVを見なくなり、もう長い時間が過ぎた。特に近年、民法のTVを見て呆れさせられるのは、日本を礼賛する番組の存在である。こうした番組では、たいてい諸外国と日本を比較することによって、日本がどれだけ素晴らしい国であるかを示そうとしている。

    10年前にもなる「英国一家、日本を食べる」で英国...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月27日

    面白かった!
    イラストが気持ち悪いけど…
    虫の章で地元が取り上げられてた!
    一度も行ったことないけど…
    祖父と稲の間を歩いてイナゴをとって、
    祖母が料理してくれたのを思い出す…

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています