名門水野家の復活―御曹司と婿養子が紡いだ100年―(新潮新書)

名門水野家の復活―御曹司と婿養子が紡いだ100年―(新潮新書)

作者名 :
通常価格 814円 (740円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

家康生母・於大の方に連なる名門水野家は、当主の乱心による江戸城松之廊下での刃傷事件で、譜代大名から旗本へ転落する。その立て直しに生涯を捧げることになった二人。没落した「せつなさ」に耐えながら一心に勤め上げ大名復帰を果たした御曹司忠友と、旗本から婿養子に入り「したたかさ」を武器に将軍側近かつ老中として権勢を誇るまでに家格を上げた忠成。二代にわたる水野家復活の道程を、史料を基に活写する。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
電子版発売日
2018年03月23日
紙の本の発売
2018年03月
サイズ(目安)
13MB

名門水野家の復活―御曹司と婿養子が紡いだ100年―(新潮新書) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年04月25日

    水野家は私が住んでいる地域とも関わりが強く興味があったため本を手に取りました。
    わが町、東浦町は春に於大祭りが開催されています。ぜひ、一読されるといいですよ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています