羽生結弦は助走をしない 誰も書かなかったフィギュアの世界

羽生結弦は助走をしない 誰も書かなかったフィギュアの世界

作者名 :
通常価格 734円 (税込)
紙の本 [参考] 820円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

フィギュアスケート界で人気実力ともにナンバーワンを誇る羽生結弦。しかし羽生のスケーティングを語るとき、たいていの人は「美しい」「観客を引き込む」という曖昧な表現に終始するか、「何回ジャンプを跳べたか」という点をクローズアップするばかりだ。著者は、38年間この競技を見続けてきた生粋のスケートファン。マニアックな視点で、「羽生の演技の何がどう素晴らしいか」を、表現、技術の両面から徹底的に分析する。羽生以外の現役男子・女子スケーターはもちろん、歴代スケーターたちの名プログラムもフィギュア愛炸裂で語りつくす!【目次】まえがき/用語解説/第1章 フィギュアスケートの「本当の魅力」とは/第2章 「表現力」「芸術性」とは何か/第3章 羽生結弦の名プログラム ここがすごい/第4章 平昌オリンピックのシングルスケーターはここがすごい/第5章 歴史から学ぶ――選手が望むもの、私が望むもの/あとがき

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
256ページ
電子版発売日
2018年01月19日
紙の本の発売
2018年01月
コンテンツ形式
EPUB
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年08月16日

参考書見たく、この本片手にYoutubeで演技を観たい。

関ジャムのフィギュアの世界の回でもあったけれど
どんな事を表現して、どんなテクニックが含まれているのか
それらを踏まえての、観賞会をしたい。。。

ボーヤンジンの2016年と2017年の成長っぷり というのを
比較してみたら確かに!!
伸び...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年03月04日

1980年からフィギュアスケートファンというだけあって、往年の選手にもたくさん言及してあって楽しめた。
特に期待されながらもオリンピックでは金メダルを獲得できなかったミッシェル・クワンに対して、解説の方が残した「成功というものは常に金メダルではかられているわけではないのです」という言葉は深く沁みた。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play