暗闇・キッス・それだけで Only the Darkness or Her Kiss

暗闇・キッス・それだけで Only the Darkness or Her Kiss

作者名 :
通常価格 726円 (660円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

本職・探偵、副業・ライター。飄々と生きる頸城悦夫。IT長者ウィリアム・ベックを取材するため、富豪の別荘を訪れたその日に、敷地内で射殺事件が起きる。被害者はベックの主治医。生前の彼と最後に話したのは、こともあろうが頸城だった!? 富豪の妻、息子、息子の恋人に使用人たち。一癖二癖ある人々の話を聞き、頸城は事件解決を試みるが、第二の殺人が起き……。瀟洒でビターなミステリィ。(解説/和希沙也)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
392ページ
電子版発売日
2018年01月19日
紙の本の発売
2018年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

暗闇・キッス・それだけで Only the Darkness or Her Kiss のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年03月06日

    韜晦した探偵兼ライターが主役で、
    森氏らしい乾いた文体が全体を貫く。

    が、文体は乾いていても、主人公の心の奥底には、
    今もドロドロした思いが蠢いている。
    そのドロドロが表に出ないように、薄いかさぶた一枚で
    覆いをして、そのかさぶたをいつもドライに保つために
    飄々とした風を吹きかけている...という...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月13日

    シリーズだったとは。
    頸城さんの一作目、読まねば。
    深刻なことを軽く表現する感じ嫌いじゃない。
    人が次々と殺されているのに、あまり当事者感がない。けど、一瞬危険のピークがドキッとしちゃうんだよな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月19日

    なんてことないんだけどにゃ

    色んな本読んでいて
    ふとした時に
    森さんの感じが懐かしくなり読んだにゃ

    おちつくにゃ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月02日

    とりあえず、都鹿がかわいそう。

    著者のハードボイルドが読んでみたい、というファンには良いんだろうな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月06日

    「ゾラ・一撃・さようなら」に続く本作。話としてはいつもの森博嗣作品という感じなので森博嗣の小説が好きな人には変わらず楽しめると思う。今作はそこまでハードボイルドしているようには思わなかったけれど全体のオチには思わず頸城さんに合掌。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月02日

    アメリカの大富豪の日本の別荘で侍医が殺され、大富豪の本を書くために滞在していた探偵があれやこれやする話
    ゾラシリーズ(?)の続編みたいだけど、読んだのは随分前なのでキャラクタの詳細は覚えていない
    でもまぁ、いかにも森博嗣の書きそうな性格&話す内容なので、個人的に違和感はない

    ミステリらしくちゃんと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月04日

    『ゾラ・一撃・さようなら』も読んだけど、もはや覚えてない。一応、同シリーズだけど、覚えてなくても問題なく読めた。

    この話は、ミステリィというより森ミステリィという独特のジャンルって感じ。その中でも、理系感はあまりなく、ハードボイルド系を意識してる感じはある。私には何をもってしてハードボイルドという...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月11日

    淡々と進んで、終わっていった。
    スッキリはしなかった。

    そういえば、森博嗣を読むのは20年ぶりぐらいだった。昔、読んで合わないなーと思ったのだった(京極にはまっていたこともり)。

    今回は借りた本だったのだけど、貸してくれた人がウィリアムはスティーブ・ジョブズのイメージと言っていたので、私もそれで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年11月29日

    前作の「ゾラ・一撃・さようなら」の続編にあたるが、前作を読んでいなくても、支障はない。
    今回の作品に関しては、幾分ハードボイルドを満喫できたかなという印象である。
    ネットワーク空間でも、現実でも、2次元でも、人間関係というのは難しい。主人公の想いが手に取るように分かる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています