働き方の問題地図 ~「で、どこから変える?」旧態依然の職場の常識

働き方の問題地図 ~「で、どこから変える?」旧態依然の職場の常識

作者名 :
通常価格 1,628円 (1,480円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

累計12万部『職場の問題地図』『仕事の問題地図』、『職場の問題かるた』に続く働き方改革のバイブル、シリーズ最新作!「上司や部下が外国人」「親が突然、要介護状態に……」「子どもが発熱、さあどうしよう?」「育休後に仕事復帰したはイイけど、毎日が綱渡り……」「70歳になってまで通勤ラッシュとか、無理なんですけど」「台風に地震に大雪に……出社するだけでもうヘトヘト」そろそろ、実態に即した働き方を考えないとまずいんじゃないですか?「残業を減らせばいいんでしょ」という考えだけでは対処できない問題とその対策を、業務プロセス/オフィスコミュニケーション改善士の沢渡あまね、1996年からテレワークを活用して子育てや闘病生活を経験しながら時代の働き方を先取りしてきた女性起業家の奥山睦のタッグが教えます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
技術評論社
ページ数
240ページ
電子版発売日
2018年01月13日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
21MB

働き方の問題地図 ~「で、どこから変える?」旧態依然の職場の常識 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年07月15日

    今までの「問題地図」シリーズと比べると、より働く側目線に寄っている感じ。章タイトル、「グローバル化できない職場」「正社員だけ」「完全出社主義」「副業禁止」「男性主体」「フルタイム前提」。どれもテレワークと絡んでくる気が。働く環境が変わるためには(職場を変えるためには)、社員一人ひとりが、可能な範囲で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月06日

    P137 世界ではリモートで仕事ができて当たり前
    テレワークのメリット
    ・通勤のむだ、ストレスがない
    ・アイロンがけしなくてよい
    ・有休の節約になる
    ・業務をとめないBCP)
    ・地域で過ごす時間が増える。
    ・働く姿を家族に見せることができる。
    ・会社のイメージアップにつながる

    p179 (女性活躍...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月02日

    言語化してもらえてスッキリした。

    「完全出社主義」
      出社時点で既にヘトヘト
      仕事、家事、育児、、、一億総疲弊
    「フルタイム前提」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月18日

    働き方をソフトランディングさせる必要があること。まさに同感。私が働く会社の制度はフレックスも入り、徐々に変わってきてはいるが、働く社員の意識が変わってないため、みんな苦しそうに仕事している。効率的に生産性を上げて仕事をすることは、自分の体のために、家族のために、そして最終的には会社のためにつながる。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月25日

    シンプルコミュニケーション能力の話が参考になった。非常に分かりやすくて読みやすいから一気に読める。誰もがわかってるが現実問題解決できない。沢渡あまねさんのファンになったので他の本も読み漁ってみることとする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月05日

    p.100くらいまでは全部うちの会社も当てはまってるのでは…と悲しくなり、問題が根っこのように絡み合っているのを改めて感じた。

    ―すぐに辞めてしまう外国籍社員には熱いメッセージを上司が定期的に伝えていくことが重要。多くの外国籍社員は、会社に対する忠誠心は希薄ですが、個人に対しては強い忠誠心をはっき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月17日

    ‪イメージ先行でバズワード化している感もある働き方改革を具体的に解説した一冊。問題地図シリーズ第4弾。テレワークがどうも上手く使えていないと思っていたので3丁目が特に勉強になった。あくまで選択肢の1つというフォローに少し安心。部下が怠けるという意見への反論は本当その通りだと思う。‬

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月11日

    ■自分の会社の働き方のどこが問題なの?
     6項目に分かれた旧態依然な働き方■衝撃の一文 コレが本当の「ワークライフバランス」■ではそれはどうやって手に入れる? それは読んでからのお楽しみ^ ^

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月29日

    【内容紹介】
    「親が突然、要介護状態に」「上司や部下が外国人」「育休後に仕事復帰したけど、毎日が綱渡り」…。そろそろ、実態に即した働き方を考えないとまずいんじゃないですか?『職場の問題地図』『仕事の問題地図』、『職場の問題かるた』に続く働き方改革のバイブル!

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月07日

    きっかけ:アフターコロナの働き方を考えたくて読みました。リモート・副業賛成派かつ新しい福利厚生等もあってもいいんじゃないかと思って読みました。

    感想:

    学び:

    p88
    餅は餅屋、が生産性アップ
    外注とは自社にない専門能力やあ特殊能力を買う行為。案印なコストダウン要求や買いたたき×。いい外部人材...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています