人間の値打ち

人間の値打ち

作者名 :
通常価格 737円 (670円+税)
紙の本 [参考] 814円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

格差社会の中で、自分には生きる価値がないと思わされている人たちが増えている。上司からパワハラをされ、うつ病や自殺に追い込まれる若者もいる。そして、一部の勝ち組だけが、大きな顔をしている。本書は、諏訪中央病院での地域医療や東日本大震災の被災地支援、ベラルーシやイラクにおける国際支援を通じて、長年、限界状況に置かれた人々の病苦にむきあってきた鎌田医師が、混迷の時代に、ますます見えにくくなってきた「人間」を、根底から問い直した一冊である。――著者が提示する、人間の値打ちを決める七つの「カタマリ」とは何か? 【目次】はじめに――「値打ち」ってなんだろう/第一章 人間の「値段」と「価値」について/第二章 「働くこと」「愛すること」と「生きる価値」/第三章 困難なときに現れる人間の「値打ち」/第四章 人間の「価値」ってなんだろう/第五章 自分の「価値」を決められるのは人間だけ/おわりに――生きている限り、手遅れはない/参考文献

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
224ページ
電子版発売日
2017年11月17日
紙の本の発売
2017年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

人間の値打ち のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月03日

    お金では買えない価値がある。それが人間なんだ。
    帯に書かれていた言葉だ。

    地位や名誉やお金といったステータスがないとしても、内面を磨き続けていきたい。
    見えないところ、数字に表れないところ、見返りがないところでどれだけ人のため、自分のために尽くせるか。
    うまくいかないときにどれだけそこに対して誠実...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月23日

    別解力「和して同ぜず」
    孤独を怖がらない力「心の中に鬼を棲まわせる」
    これだけでも私は人間として価値があるんだ、と思わせてもらえた。最後の数ページだけでも何度も読み直しておきたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月12日

    地域医療と終末期医療という道を極めたお医者さん、鎌田先生の「人間の価値」ってなんだろう、という考察。個人的には「人間の価値を決めるモノサシはひとつじゃない」が心づけられる。いろんな社会(組織)に入ってみる冒険も、いろんなことを考え続けることも、総和として人間の価値を高めてるんじゃないかなって。
    つい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月05日

    タイトルに惹かれた本。様々な価値観から生きづらくなっている世の中に一考させられる。特にアリとキリギリスのくだりは今まで当たり前だと思っていた価値観を崩された。もう少しゆっくりした世界にならないかな。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年12月31日

    資本主義と言うと儲かればいいと言う捉え方をされがちだが、企業のトップがするしか頭にないと言うのでは、値打ちのあるリーダーとは言えない 佐光は夢なき者に理想なし 理想なき者に計画なし 計画なき者に実行なし 実行なき者に成功なし 故に夢なき者に成功なしと言う吉田松陰の言葉を社員の説いているそうだが、そ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています