十兵衛錆刃剣 DANCING in the SHADOW(喉を鳴らす神々)

十兵衛錆刃剣 DANCING in the SHADOW(喉を鳴らす神々)

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

妖気ただよう谷具久藩へ潜入した十兵衛たちは、さっそく怪異の輩の訪問を受けた。将軍家光に命じられた隠密の仕事だが、どうやら単なるお家騒動では終わらなそうだ。策謀をめぐらす家老・蟇田もただの人間ではないらしい。藩の秘密へ肉薄する一行に、次々と刺客が放たれる。その中には、あの忌まわしい蜘蛛の「千手眼」を引き継ぎ、十兵衛を仇とつけねらう如月の姿があった……。謎の源泉、「生命の沼」にたどり着いた彼らを待ち受けていたものは!? 柳生新陰流の剣が闇を斬り裂く。※この商品にはイラストが収録されていません。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / その他男性向けラノベ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫(スーパーファンタジー文庫テキスト版)
ページ数
288ページ
電子版発売日
2017年10月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

十兵衛錆刃剣 DANCING in the SHADOW(喉を鳴らす神々) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

十兵衛錆刃剣シリーズ のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 十兵衛錆刃剣 SHADOWS in the SHADOW(陰に棲む影たち)
    時は江戸、徳川家光の治世。柳生新陰流の使い手、柳生十兵衛は暗殺を重ねる日々を送っていた。「天下国家のため」という父・但馬守の命を信じて、刺客となったのである。彼の強さの秘密は、右眼に飼っている蜘蛛――相手の動きを先に教えてくれる「千手眼」。しかし、剣の道をひたすらに求めてきた彼にとって、今の生活は地獄同然だった。己の行為に疑問を持ち始めた矢先、将軍家光に隠密の仕事を申しつけられる。魑魅魍魎が跋扈するという谷具久藩へ、十兵衛は一路探索の旅に出た。※この商品にはイラストが収録されていません。
  • 十兵衛錆刃剣 DANCING in the SHADOW(喉を鳴らす神々)
    妖気ただよう谷具久藩へ潜入した十兵衛たちは、さっそく怪異の輩の訪問を受けた。将軍家光に命じられた隠密の仕事だが、どうやら単なるお家騒動では終わらなそうだ。策謀をめぐらす家老・蟇田もただの人間ではないらしい。藩の秘密へ肉薄する一行に、次々と刺客が放たれる。その中には、あの忌まわしい蜘蛛の「千手眼」を引き継ぎ、十兵衛を仇とつけねらう如月の姿があった……。謎の源泉、「生命の沼」にたどり着いた彼らを待ち受けていたものは!? 柳生新陰流の剣が闇を斬り裂く。※この商品にはイラストが収録されていません。
  • 十兵衛錆刃剣 FIRE in the SHADOW(爛熟の媚獣)
    寛永寺の門前に鬼の首が落ちてきた! 平安の昔に退治され、平等院に納められたはずの酒天童子の首であった。徳川の治世をくつがえさんとする何者かが蘇らせようとしたのだろう――呟く天海僧正の脳裏には、すでに死んだはずの人物の名が浮かんでいた。十兵衛はその頃、将軍家光の弟で親友ともいうべき徳川忠長を訪ねるべく甲府にいた。道中知り合った安倍隠々斎という大食らい、大酒飲みの男が占うと、北東の方角は凶。そして忠長はまさに北東の方角・高崎に幽閉された、と知った。※この商品にはイラストが収録されていません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫(スーパーファンタジー文庫テキスト版) の最新刊

無料で読める 男性向けライトノベル

男性向けライトノベル ランキング