米中戦争前夜―――新旧大国を衝突させる歴史の法則と回避のシナリオ

米中戦争前夜―――新旧大国を衝突させる歴史の法則と回避のシナリオ

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
紙の本 [参考] 2,200円 (税込)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

トランプと習が試される“古典的な罠”とは?過去500年で覇権国VS新興国の開戦確率は75%≪実務にも精通した国際政治の権威が トランプ外交や安倍政権に警鐘をならす≫★実務家からも激賞続々キッシンジャー元国務長官「米中関係が史上13番目の新旧戦争にならないよう願うほかない」

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
424ページ
電子版発売日
2017年11月03日
紙の本の発売
2017年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

米中戦争前夜―――新旧大国を衝突させる歴史の法則と回避のシナリオ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2018年04月15日

    覇権を持つ国と新興国の間の緊張の高まりが戦争に至ってしまった事例と、戦争を回避した事例をあわせて提示。現在の米国と中国が、どうすれば衝突を回避しうるかを論じた本。一方で、衝突が起こりうるシナリオについても詳述。

    アジア太平洋地域と欧州の地政学リスクを考えるためにとても参考になった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月19日

    【足を踏み入れないように】既存の覇権国と新興国の間に構造的ストレスが生じることを表した「トゥキディデスの罠」について解説し,米中が同じ罠に陥らないようにするための提言をまとめた作品。過去の類例を振り返りながら,超大国関係の管理の方策を探っていきます。著者は,クリントン政権では国防次官補も務めたグレア...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月11日

    米中戦争の発生メカニズムとその回避法を知るため、読みました。
    戦争要因は、国益、不安、名誉です。台頭する新興国の夢とプライド、挑戦を受ける覇権国の恐怖と自信の揺らぎ、の間のパワーシフトがはらむ深刻なジレンマ「トゥキディデスの罠」が大きな要因になります。
    以下の4つの中核概念を理解することで、米中戦争...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月06日

    トゥキディデスの罠という単語を最近何度か目にしたので、その元になってる本書を読んでみました。アメリカ人から見たアジア(特に中国)の描写が面白かったです。ただ、戦争回避の提言のところはあまり響かなかった…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月24日

    グレアム-アリソン教授; トゥキディデスの罠
    紀元前5世紀
    ペロポネソス戦争; アテネの台頭とスパルタ
    ジョージ-ケナン; 対ソの封じ込め政策
    ジョゼフ-ナイ-ハーバード大学教授; ソフト-パワー
    サミュエル-ハンチントン; 文明の衝突

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月20日

    新興国と覇権国との関係の中でトゥキュディデスの罠がもたらした戦争という過去の16のケースを基に米中関係を読む一冊。思考実験にはとても良い。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    いよいよか

    タケ 2021年06月06日

    虎と龍というのか何というのか…
    トゥキュディデスの罠は、歴史が教えてくれる通り。
    同じ轍を踏むのか、人間よ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月06日

    著者は、ハーバード大学ケネディスクール初代院長で、レーガン〜オバマ政権の歴代国防長官の顧問を務めた国際政治のエキスパート。

    古代ギリシャで、スパルタに挑んだアテネの脅威が、スパルタをペロポネソス戦争に踏み切らせた。
    そのことから、著者は、新興国の台頭が覇権国を脅かして生じた構造的ストレスが、新旧大...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月05日

    新興国の台頭に覇権国が脅かされて生じる国際的緊張状態は、著者によれば過去16回あり、その内12回は戦争に至ったという。

    トゥキュディデスの罠というらしいが、野心満々の新興国の勢力拡大に軋轢が高まるのは当然だろう。

    著者は戦争に至らなかった4つのケースから教訓を抽出しようとしているが、残念ながらど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年01月03日

    大局的な視点で国際政治を考え国益を守ることの重要性を考えさせられる。足元の貿易戦争をことごとく予見している。中国が世界一の大国になることが不可避の中(PPPベースGDPでは既に米国を上回る)、米国、日本はどう振る舞うべきか。数十年、数百年単位での戦略を考える中国の凄み。

    ・トゥキディデスの罠。アテ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています