零落
  • 完結

零落

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
紙の本 [参考] 1,069円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

浅野いにお、衝撃の新境地へ――

ある漫画家の、脇目もふらず駆け抜けてきた連載が終わった。
久しぶりに立ち止まった自分に残されていたものは、
残酷なまでの“空虚感”だった。
大切な存在ほど信じ切れず、束の間の繋がりだけに
縋り始める日々―――
漂流する魂が着地した時、男の本当の姿が現れる。

浅野いにお、極限の最新作。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスペリオール
ページ数
246ページ
電子版発売日
2017年11月02日
紙の本の発売
2017年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
50MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2018年01月27日

    暗くて読後感も良くないけど、好きなタイプの話だった。きっと自分のように大人になり切れない人間の心に触れる何かがあるのだろう。地獄のミサワ風キャラクターなど、小ネタも効いている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月15日

    おやすみプンプンから読んで思うのは、浅野いにおは読者に対してどう読まれているのかとても敏感で常に気にしている作者なのだと思う。言うなれば自意識過剰なのだが、自棄が浅野いにお作品の根底にあるものだと思う。読み終わった後にレビュー欄を見たら不思議と酷評してる方も多く意外だった。私にとって浅野いにおはサブ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月05日

    漫画家が主人公っていうから、「世界の終わりと夜明け前」に出てくる「東京」みたいな感じなのかなぁ。あれ結構暗かったよなぁ。どうしよっかな、読んだら暗くなるかな。と思って買うの躊躇ってたけど結局買った。

    そしたら短編ではなくたっぷり一冊ということもありとても楽しめた!濃厚。連載終わって、新しい連載始ま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月08日

    そうそう私ずっとこんなのが読みたかったんだよ!やっぱり浅野いにおはこのくらいメンがヘラヘラしてる方がぽいよね!プンプンみたいな胸クソ悪い展開最高!最初から最後までまったく救いのないストーリー最高!読んで後悔するこの感じ、決して嬉しくはないんだけど、毎度怖いもの見たさでついつい手にとってしまう。何が言...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月04日

    新年早々気持ち悪い漫画を読んでしまった、褒めてるよ。

    作り手と受け手が一生合致しない感じ、気持ち悪さが印象に残った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月24日

    浅野いにお本人の経験を元に書いたダークさ満開の漫画。
    女性(ちふゆ)の表情が何処か物憂げで、2次元なのに吸い込まれる妖艶さ。
    風俗嬢を本気で好きになった時、遣る瀬無い気持ちは何処に沈めればいいのだろうか。
    作品の評価を通して見られた自分が、本当の自分ではない感覚は何なのか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月17日

    いにおさんの作家としての苦悩。それがまざまざと感じられた。最近よくこの類の作品を見かけるが、これほどまでに生々しく描き切ったものはそうそうない。作家として生きるとはこういうことなのだろうか。それとも、この先生きていればいずれこの境地に達してしまうのだろうか。読んでいて心が痛くなる作品だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月09日

    浅野いにおが描く、
    うんざりするエゴイズムを、
    30代の複雑さで表現すると、
    なおうんざりする作品に仕上がるのだな。

    年々、人物画(今回は猫もか)、
    特に顔や表情が崩れているのは、
    意図的なのか。
    造形が崩れるほど、
    不思議とやけにリアリティが出る。



    読後、いにおのインタビューを読んだら、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    どこまで沈んでいくのか……

    ほえほえ 2017年11月11日

    燃え尽きてしまった、後には何が残るのか。

    こんな人、側に居たらとっても面倒くさいですね。何を言っても否定的な返ししかしてこない。相手をしないに限る。

    じゃあ、自分がそうなってしまったらどうだろう?

    沈んで沈んで、その先どうなっていくのか、とっても気になります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月05日

    これはなんとも複雑な、、オレには普通に面白かったけれど、この作中の漫画家的には、つまんねーって言って欲しい的なことだろうし、でも、いにおさんと作中の漫画家はイコールではないだろうし、、

    漫画家が主人公のマンガってのは、やっぱりどこまでがフィクションでどこからが自伝的な部分なのかって勘繰ってしまいま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「零落」に関連する特集・キャンペーン