革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

作者名 :
通常価格 1,350円 (税込)
紙の本 [参考] 1,500円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

クラウドファンディングで国内歴代最高となる総額1億円を個人で調達し、絵本『えんとつ町のプペル』を作り、30万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る、“現代のお金の作り方と使い方”と最強の広告戦略、そして、これからの時代の働き方。

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎単行本
電子版発売日
2017年10月04日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2018年10月12日

西野さんの本を初めて読んだが、本当にすべての内容と表現方法と、とにかく良いとしか言いようがなかった!
要点では挙げきれないくらいだけれども、
・時代と共にアップデートは必須。若者世代の批判は進化の乗り遅れ。年下は肯定するところから始める。
・「作り方を疑う」という作業から始める。
・人が嘘をつくのは...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月01日

常識を疑う事が大事だと感じた。自分達が常識だと思っている事も、違う角度から見ると考えが変わってくる。著者は違う角度から見る考えが素晴らしい。感性が凄い。行動するには、たくさん情報を得る事が大事。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年09月17日

 私は西野が嫌いである。何故かというと本や言動の節々から人を人ではなく、モノ扱いしている感じがするから。すごいとは思うが称賛はできない、もしくは信用はできるが信頼はできない、という感じ。
 それを踏まえてこの本を読んだ方がいい。嫌いだけど、そんなことは当たり前で論じるに値しないので、この本から何を得...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月26日

著書えんとつ町のプペルを売るための仕掛けを余す所なく紹介し、時代の変化も的確に捉えた戦略には脱帽でした。
モノを売るためにモノだけじゃなく、流通や広告の仕方をデザインする、とても勉強になりました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月25日

自分の言葉で書いてあり、実際の行動のうえで書いてあるので、説得力が半端ない
心が動いたと言うか、心が踊った気がした
自分にワクワクしてる?と聞いてしまった
これからの残りの人生をもっと深く再考させられた一冊
行動と情報を。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」に関連する特集・キャンペーン

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play