革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

作者名 :
通常価格 1,350円 (税込)
紙の本 [参考] 1,500円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

クラウドファンディングで国内歴代最高となる総額1億円を個人で調達し、絵本『えんとつ町のプペル』を作り、30万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る、“現代のお金の作り方と使い方”と最強の広告戦略、そして、これからの時代の働き方。

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎単行本
電子版発売日
2017年10月04日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2019年01月03日

信用を貯蓄するという時代はもう目の前に来ている。既得権益にあぐらをかいている人は淘汰され、うそをつかずに努力しているひとが報われる時代が来る。そのためにもインターネットなどをもっと有効活用する必要があると感じた。西野さんの本の売り方もインターネットが可能にしてくれたことは疑いようがない。ただ、インタ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月31日

とてもショッキングで刺激的な本。自ら動いて情報をとり、論理的に考えれば、結果はついてくるということか。半端じゃない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月29日

この本の信者っぽい人が実は周りにも結構いそうなので読んでみた。あっという間に読めてしまった。そして、この本の信者とまではいかないけど、そういった生き方、世の中の変化に乗ることを楽しむ生き方もやっぱ楽しそうだなと思ってしまった。

世の中は大きく変化している、この変化に乗るか乗らないか。それは人の自由...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月28日

いやー。久しぶりにこんな考え方に出会った。

貯金じゃなくて、貯信。
お金って貯めてても意味がないんだなー。
お金は価値を保存する容器のようなもの。

お金が欲しいんだったら、お金に変えられる信用を持たないとダメ。

そして、マネタイズが早すぎるのもだめ。
まずはファンを獲得して、信用を得ないと。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月23日

西野亮廣と言えばセンセーショナルな発言で個性的な芸人ということで才能は評価していたが、
全ての行動が非常に論理的かつ明快に説明され決して感性だけではない非常に深い議論に大いに感銘を受けた。

何か疑問があったときに近視眼的に解決しようとせずより深い理由を俯瞰的な視野から考え、企画、制作、広告、販売、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」に関連する特集・キャンペーン