修羅海道 清水次郎長伝(下)
  • 最新刊

修羅海道 清水次郎長伝(下)

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

子分石松の死とその仇討ち、黒駒の勝蔵との確執、そして荒神山の血闘――。波瀾の日々を送るうちに、次郎長は、東海道に隠れもない大親分と謳われるようになった。やがて王政復古、御一新の波は次郎長の身にもおよび、彼は山岡鉄舟と肝胆相照らす仲となる。動乱の時代に生まれ、怒涛のような一生を送った男を描く侠客伝の傑作。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2017年09月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

修羅海道 清水次郎長伝(下) のユーザーレビュー

レビューがありません。

修羅海道 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 修羅海道 清水次郎長伝(上)
    幕末、駿河国清水湊で大きな米問屋をいとなむ若き長五郎は、ある日店先に立った旅の僧からあと3年の寿命と告げられる。養父の跡を継いで商いに精を出していた長五郎は、その一言で自分の運命を変えた。彼は店をたたみ、女房を離縁して博徒の群れに身を投じる。――「人間、寿命があれば死なねえ。たとえ死んだところで、体がなくなるだけで、魂はなくならねえんだ」と考えた彼は、修羅の如く東海道筋を渡り歩...
  • 修羅海道 清水次郎長伝(下)
    子分石松の死とその仇討ち、黒駒の勝蔵との確執、そして荒神山の血闘――。波瀾の日々を送るうちに、次郎長は、東海道に隠れもない大親分と謳われるようになった。やがて王政復古、御一新の波は次郎長の身にもおよび、彼は山岡鉄舟と肝胆相照らす仲となる。動乱の時代に生まれ、怒涛のような一生を送った男を描く侠客伝の傑作。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています