無敵の殿様 決戦!裁きの宝刀

無敵の殿様 決戦!裁きの宝刀

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ふらりと盛り場へ出かけ、賭場で暴れまわったあげくに、捕らわれの身となってしまった喜連川家の先代藩主・喜連川恵氏と、警護の大月源五郎。必死の思いで脱出はしたものの、町は、無法なごろつき集団によって支配されていた。庶民の窮状を知り、復讐すべく動きだした恵氏であったが、その裏には、とんでもない悪党どもの奸計が隠されていた……。すべてを決する戦場の地で、喜連川家に伝わる宝刀・三日月宗近が、悪書に巣くう闇の住人たちを斬り裁いてゆく!将軍家に仕えず、なにものにも束縛されない喜連川恵氏が、あざやかに難事件を解決する、痛快時代シリーズ。大好評の第五弾!

ジャンル
出版社
コスミック出版
掲載誌・レーベル
コスミック時代文庫
ページ数
285ページ
電子版発売日
2018年08月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

無敵の殿様 決戦!裁きの宝刀 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年06月07日

    早見俊 著 「決戦! 裁きの宝刀」、無敵の殿様シリーズ№5、2018.5発行。足利将軍家の血筋を引く喜連川家の当主(徳川将軍の客分)、喜連川恵氏の物語。捕囚の大御所、源五郎の婚活、五月晴れの御前試合、悪の堀 の4話。好奇心旺盛、そして自由気ままな大御所の振る舞いに、サポートする大月源五郎と忍びの美代...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月04日

    常識にとらわれない殿様の活躍が痛快。
    今話題の三日月宗近も登場するし…
    テレビの時代劇で見てみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

無敵の殿様 のシリーズ作品 1~9巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~9件目 / 9件
  • 無敵の殿様 天下御免の小大名
    わずか五千石の禄高でありながら、足利将軍家の血を引き継ぎ、参勤交代を免除された特殊な大名――喜連川家。その前当主・喜連川恵氏は、いまだ壮年ながらもはやばやと隠居し、「大御所」として気ままな江戸暮らしをはじめた。だが、これに納得がいかないのが、時の権力者・松平定信……。なにしろ恵氏は、老中就任と十万石加増という前代未聞の誘いを『喜連川家は徳川の家来にあらず』と、即座に断ったのであ...
  • 無敵の殿様 悪党許すまじ
    はやばやと家督を譲り、江戸で気ままな隠居暮らしを楽しむ喜連川恵氏。五千石の小藩ながらも、元藩主として、さぞや雅な生活をおくるものかと思いきや、恵氏が望んだのは、難事件や不可解な出来事の捜査と、その裏にひそむ悪党どもを退治することだった。足利尊氏の血を引く家柄ゆえ、喜連川家は、徳川将軍につかえず、武家のことわりにも縛られない。そしてこの恵氏という男は、時の権力者・松平定信に公...
  • 無敵の殿様 老中謀殺
    572円(税込)
    幕府からの甘い誘いをつっぱね、あくまで徳川将軍の客分としての立場をつらぬく喜連川家。その七代藩主・喜連川恵氏は、若くして家督を譲り、江戸での気楽な隠居暮らしをはじめた。風変わりな殿様・恵氏が夢中になっているのが、市井に巻き起こる難事件の探索。老中により派遣された監視役・大月源五郎をいつのまにか手下あつかいし、悪党退治にいそしむ毎日であった。そんななか、蘭学者絡みの殺人を調べ...
  • 無敵の殿様 大御所まかり通る
    喜連川家の七代藩主・喜連川恵氏は、家督を息子に譲り、江戸で隠居暮らしを続ける、酔狂な変わり者。その並外れた才能と風格を警戒する、老中・松平定信の思惑をよそに、恵氏がもっぱら夢中になっているのは、不可思議な事件の探索。しかも定信の忠臣・大月源五郎を、探索の手下としてこき使うという、豪放磊落ぶりだ。ある日、国元で狐憑き騒動が起きていると知った恵氏。さすがに放ってはおけぬと、久方...
  • 無敵の殿様 決戦!裁きの宝刀
    ふらりと盛り場へ出かけ、賭場で暴れまわったあげくに、捕らわれの身となってしまった喜連川家の先代藩主・喜連川恵氏と、警護の大月源五郎。必死の思いで脱出はしたものの、町は、無法なごろつき集団によって支配されていた。庶民の窮状を知り、復讐すべく動きだした恵氏であったが、その裏には、とんでもない悪党どもの奸計が隠されていた……。すべてを決する戦場の地で、喜連川家に伝わる宝刀・三日月宗...
  • 無敵の殿様 秘蝶羽ばたく
    まだ壮年でありながら、はやばやと家督を譲り、気楽な立場で江戸暮らしを楽しむ喜連川家の先代藩主・喜連川恵氏。世間から見れば『風変わりな若隠居』といったところだが、この恵氏という男は、ちと違う。時の権力者・老中松平定信から警戒され、御目付役を派遣されるほどの、要注意人物であった。それもそのはず、足利の血をひく喜連川は、徳川家康から客分として認められた、将軍に仕えぬ唯一無二の特殊...
  • 無敵の殿様 仮面の悪鬼
    桜が江戸をいろどりはじめたある日、喜連川恵氏は、公儀徒目付の訪問を受ける。武家の監視をする徒目付は、そこで恵氏に、ある依頼を持ちこむ。大奥とも繋がりのある有力直参旗本の嫡男・里崎林太郎の悪事を暴いてほしい、というのだ。林太郎は私財を投げうち、貧しき者たちのための診療所を開設。庶民からは絶大な信頼を得ているという。一方、その診療所内では、女中の不審な死が続いていた。果たして、...
  • 無敵の殿様 謎の海賊村
    うだるような暑さの江戸。喜連川恵氏は、おのれの偽者が江戸に出没したことを知った。偽者は恵氏の名を騙り、高級料理屋で好き勝手に飲み食いしたあげく、勘定を払わず逃げてしまったのだ。幸い、偽者の素性はすぐにつきとめられたものの、今度はその弁済をめぐって、騒動は思わぬ展開を見せはじめる。さらに事件の余波は、龍神を祀る奇怪な祭りと抜け荷騒動にも広がり、その裏では、江戸湾を騒がす凶悪な...
  • 無敵の殿様 無敵 対 最強
    足利家の流れを継ぎ、全国で唯一、徳川将軍家に臣従していない大名・喜連川家。その実権を握る若き大御所・喜連川恵氏は、家督を譲ったのち江戸に居をかまえ、市中のさまざまな難事件を解決に導いていた。そんな恵氏のお目付け役である大月源五郎は、ある日ひょんなことから、軽薄で無礼だがどこか憎めぬ、変わった借金取りと出会う。そしてその男こそ、長谷川平蔵に見出され、火盗改の切り札ともいえる最...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています