朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる

朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

【コーヒーとビールを飲んでいるあなたは、医学的に正しい!】

いつも飲んでいるコーヒーとビールには、自律神経を整えパフォーマンスをアップさせるパワーがあります。
ただし、有効活用するためにはちょっとした飲み方のコツが!

この本では、コーヒーとビールに秘められたすごいパワーを明らかにするとともに、
単なる嗜好品として味わうのではなく、パフォーマンスの最大化を可能にする、
二重の意味で「うまい飲みこなし方」をお伝えします。

想像してみてください。
大好きなコーヒーとビールを美味しく楽しみながら、疲れやストレスを除くことができるのです。

仕事もプライベートも絶好調!
この本を読み終える頃には、きっとそんな毎日を手に入れているはずです。
・飲み物は食べ物の50倍速で脳と体を覚醒させる!
・「30分前のカフェインナップ」で商談・プレゼンの勝率が上がる
・「浅煎り中挽き」で、脂肪燃焼効果絶大!
・ 朝のコーヒーは「寝起き」より「出社後」
・ 暑い夏こそ、リフレッシュにはホットコーヒー
・ 飲んだ次の日は、ブラックよりカフェラテ
・ 無意識・無制限で飲むコーヒーは、デブと疲れの元凶
・ コーヒーを飲む量は1日3杯がベスト
・ 上司にイラついたら、ソイラテを飲め
・「仕事終わりの1杯」で効率よく疲れを癒す
・ 「とりあえず生!」は科学的に正しい
・ ビールで代謝がアップする
・ ホップの苦味は胃腸を強くする
・ 酔えない飲み会の日は、昼から水分摂取
・ 一口飲んでから3分待つと、酔わない
・ 二日酔いを防ぐ「1杯飲んだら1杯」の法則
・ 汗を流した後のがぶ飲みは、痛風の原因に

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
掲載誌・レーベル
Business Life
シリーズ
Business Lifeシリーズ
ページ数
208ページ
電子版発売日
2017年07月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

関連タグ:

書店員のおすすめ

思わず手に取って読みたくなるタイトル。
良いことが書いてあると期待してしまう。
要は最速で自律神経をリセットできるエナジードリンクだからということなんですが、いつも飲んでいるのに、そんな気がしないぞ?
いや、実は正しい飲み方があるのです。
いつもコーヒーやビールを飲んでいる私はこれを読んで反省することしきり…
NG行動ばっかり!
これはまずいと思って本に従って飲み方を変えてみると、えっと思うくらい効果を実感!
半分ネタだろ~と思って読み始めたのですが、予想以上にとても役に立った本でした。

ブックライブ書店員

朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年01月27日

    自分のためにあるかのようなタイトルに釣られ。
    コーヒーもビールも脱水に気を付けて、タイミングが大事。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月13日

    カフェイン中毒か?
    というほど珈琲好きな私としては気になっていた本

    ざっくりいうと…
    コーヒーとビールで交感神経と副交感神経をコントロールしていこうぜ!
    という内容。

    コーヒー飲むなら9:30~11:30、14:00~17:00がいいんだって
    ほうほう!

    他にも、気合を入れたい30分前にコーヒ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月10日

    部分的には本当かもしれないが、どこまで科学的に証明されてるのかわからない部分も多い。
    個人的な雑学としては面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月19日

    朝コーヒーのタイミングは、コルチゾール分泌が変わる9時〜10時ごろ。目安としては出社して、一仕事終えてから。
    カフェインのとりすぎはセロトニンが下がる。
    イライラはトリプトファン→セロトニンのために牛乳。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月22日

    ビールは飲めないので主にコーヒーの飲み方の参考にしようと読んだ。飲むタイミングや飲み方などを根拠を示しつつ説明している。内容は程よく構成も分かりやすいのでサクサク読める。ただ、本で勧めている飲むタイミングがことごとく今の習慣と合わず悩ましい。本書の内容を頭に留めつつ少しずつ取り入れていこうと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月27日

    コーヒーとビールの効能が書かれた本。

    ビジネスに活かせるというよりはコーヒーとビールの適切な時間帯、豆知識などが書かれていた。

    コーヒーやビールに詳しくなりたいのであればおすすめ。
    ビジネス書としてはいまいち。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月09日

    一言で要約するならば、コーヒーもビールも、適切なタイミングで適正な量、飲み方をしないとかえってパフォーマンスを下げる結果となる、ということ。疑問に残ったのが、コーヒーに含まれるカフェインによって分泌を促されたアドレナリンがインスリンの分泌を抑制させる作用があるならば、食後のコーヒーは人体に有害となる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月15日

    朝10時ごろのコーヒーがベスト
    コーヒー→9時半から11時半、2時から5時の間

    ①朝一番のコーヒーはコルチゾールというホルモンの動きを抑えるので、よくなく、出社してから飲むのが良い。

    ②純粋にコーヒーの働きを活用したいならブラックコーヒーがベスト。


    ③ビールには副交感神経を高め、1日の疲れを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月21日

    医師による、コーヒーとビールが身体に良いという話。コーヒーとビールの効用について科学的に述べており、説得力がある。参考になった。
    「コーヒーとビールには、自律神経を整える働きがある」p31
    「(ディカフェ)水を使ったカフェイン除去では、健康に役立つクロロゲン酸まで約50%ダウンしてしまうので、豆に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月12日

    ・自律神経は交感神経と副交感神経がある。朝のコーヒーはカフェインにより交感神経を働かせて活動的に。ビールは副交感神経に働かせて寛大な気持ちにする。
    →ビールが副交感神経なのは意外だった。

    ・コーヒーはコルチゾールというホルモンが働く9時30から11時ごろに飲んだ方がいい。朝早すぎるとやる気を失う。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

Business Life の最新刊

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング