両替商滝島屋の主と手代が下谷広小路で何者かに首を掻き切られて殺された。凶器は匕首(あいくち)とみられた。池之端の岡っ引き銀次には遺体の惨状に見覚えがあった。半年ほど前、浅草田原町で殺された料理茶屋橘屋の主の死に様と酷似していたのだ。そして、二つの事件の繋がりを探っていた佐久間町の岡っ引き平造が斬殺された。銀次は下手人を追うが、やがて魔の手が襲い来る。書下し長篇時代剣戟。

ジャンル
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2017年07月14日
紙の本の発売
2017年07月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 新まろほし銀次捕物帳
    通常版 1巻 691円(税込)
    両替商滝島屋の主と手代が下谷広小路で何者かに首を掻き切られて殺された。凶器は匕首(あいくち)とみられた。池之端の岡っ引き銀次には遺体の惨状に見覚えがあった。半年ほど前、浅草田原町で殺された料理...
  • 新まろほし銀次捕物帳 鬼の隠れ簔
    通常版 2巻 702円(税込)
    浅草寺参詣の帰途、老舗料理屋の娘が何者かに連れ去られてしまう。一緒にいた母親は無事だったが、お供の下働きは袈裟がけに一刀のもとに斬り捨てられていた。亡骸を検(あらた)めた岡っ引き銀次は、ひと月...

新まろほし銀次捕物帳

Posted by ブクログ 2017年11月03日

鳥羽亮さんの「まろほし銀次捕物帳シリーズ」が新しくなって新シリーズでスタートしました。2017.7発行です。銀次のおふくろさんで嘉乃屋の女将さんだったおそでは病で亡くなり、銀次と幼馴染で子供の頃はお転婆娘、年頃になると美人で銀次にぞっこんのおきみは、銀次と所帯を持ち、今は嘉乃屋の女将になってます。与...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?