現場から見上げる企業戦略論 デジタル時代にも日本に勝機はある

現場から見上げる企業戦略論 デジタル時代にも日本に勝機はある

作者名 :
通常価格 1,012円 (920円+税)
紙の本 [参考] 1,122円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「じたばたする」現場があってこそ、日本企業の競争力は維持されてきた。IoTやインダストリー4.0と日本企業の関係も考察したうえで、日本に吹く「追い風」の正体を、実証経営学の見地から明らかにする。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川新書
電子版発売日
2017年07月10日
紙の本の発売
2017年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

現場から見上げる企業戦略論 デジタル時代にも日本に勝機はある のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月09日

    藤本先生の「良い流れの良い設計」に集約される一連のものづくり理論に陶酔し、著書を読み漁っている。
    本書に期待していた第4章にあるIoT、インダストリー4.0なる潮流に対する日本のものづくり現場の舵の切り方について参考にしようと思っていたが、ここだけは内容が薄く期待外れだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月17日

    藤本さんの主張は、昔から特に変わらない
    ・「弱い本社、強い現場」から「強い本社、強い現場」への転換を目指すべき。本社は、中インテグラルな領域を見極めてそこに注力させるべき
    ・戦うマザー工場を安易につぶしてはいけない
    ・現場は、更なる能力構築を進めるべき

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月14日

    地域の空間に一体化している現場が「良い」状態でまわっているところは、日本にはまだたくさんある。そういう強みをコアに、まだまだ世界で戦っていける。・・・という、生産管理論を原点とする現場重視の経営学者ビッグネームの主張。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月21日

    現場に視点を置いた、企業経営論。ハーバードビジネススクール博士号取得者であり、ハーバード的な発想に基づく理論になっている。また、ジョン・コッターをはじめとするハーバードの著作を参照している。思ったほど新たな知識を得られたとは思えない。
    「移民の国アメリカは、歴史的に見ても、外国人や移民も含め優秀な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年05月23日

    低空に活路を見出すことを示唆する藤本先生の主張に納得。中小企業の「地元の雇用を守るため、仕事を探す・創る」という考え方は、机上の経営戦略では考えにくいが、非常に納得できる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています