家訓で読む戦国 組織論から人生哲学まで

家訓で読む戦国 組織論から人生哲学まで

作者名 :
通常価格 814円 (740円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

戦国最強とも名高い武田信玄は「完勝よりも七分の勝ち」と教訓を垂れ、歴戦の猛者・朝倉宗滴は「名将とはいちど大敗北を喫した者をいう」と説いた。武将たちが残した家訓(戦国家法・武辺咄・遺言状)には、乱世を生きるための組織論、リーダー論、勝負論が詰まっている。名将・猛将・知将の言葉から、戦国時代に新たな光を当てるとともに、現代人にも通じる成功の秘訣を探る。大河ファンも必読の一冊!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
NHK出版
掲載誌・レーベル
NHK出版新書
ページ数
208ページ
電子版発売日
2017年07月03日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

家訓で読む戦国 組織論から人生哲学まで のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年08月15日

    よく失敗から学べと言うが、歴史はそれを必ず実証してきた。大敗北を喫しても、そこから学んだことを次の勝ちへフィードバックし、家訓として受け継がれる。おそるべし戦国哲学。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています