引っ越し大名三千里

引っ越し大名三千里

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

2019年8月30日、映画全国公開決定!! 主演:星野源 国替えという超難関プロジェクトに挑む、痛快時代小説がついに映画化!!徳川家康の血を引く譜代大名でありながら、生涯に七度の国替えをさせられ、付いた渾名が「引っ越し大名」という不運の君主・松平直矩。またもや幕府から国替えを命じられたものの、度重なる激務によって亡くなった「引っ越し奉行」の役目を継がされたのは、引きこもり侍と後ろ指を指される若輩者の片桐春之介だった。「人無し・金無し・経験無し」の最悪の状況で、果たして姫路播磨から豊後日田への国替えは成功するのか? 上司からの無茶振りに右往左往する武士たちをコミカルに描き、時代劇に新風を吹き込んだ新鋭が描く傑作時代小説。

ジャンル
出版社
角川春樹事務所
掲載誌・レーベル
ハルキ文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2019年04月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

引っ越し大名三千里 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年02月19日

    私は子供の時、独身の時、結婚して、また単身赴任と20数回引っ越しをしました。楽な時もあれば大変な時も、愛犬とフェリーのスイートルームで移動したことも・・・。さて、江戸時代の参勤交代、大変と想像します。藩をあげての引っ越しとなるともう想像を絶します。その引っ越しの大作業を行う責任者、引っ越し奉行の務め...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月31日

    星野源ファンなので読みました。歴史小説は苦手ですが、これはとても読みやすく、面白かったです。読み進めていくうちに、主人公がだんだん格好良くなっていきます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月12日

    源ちゃんに高橋一生、ミッチーが出ると聞いたらそりゃ映画見るわ!と思ってその前に原作本読んでしまいました。

    これ、怠け者のサクセスストーリーなんだけど、とにかくしっかりキャラも立ってるし、それぞれの場面場面が凄く鮮やかで面白い!

    展開もわかりやすくて、時代小説慣れてない人でもいけそう。

    しかし、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月19日

    初めて読む❓作家さんで、多少心配も有ったのですが、切った張ったが無いのにテンポも良く、面白かったです。超高速参勤交代は映画では見たのですが、小説も読んで見たくなりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月16日

    引っ越し奉行なんて、本当に大変そう。引っ越しって本当に人生の一大事。輸送の楽な今でさえそう。
    それをものすごい人数の藩士と家族の分まで考えなくてはいけなくて……。
    やっていることは地味な作業ではあるけれど、良質のエンタテイメントになっていたと思います。とても楽しく読みました。
    面白い史実に目を付けた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月20日

    超高速参勤交代と比べてしまうと、物足りなさはあるけど、それなりに楽しめました。もっと爽快感が欲しかったかなー。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月23日

    映画と共に楽しみました。原作と映画とでは多少違いますが、それぞれの面白さがあったと思います。主人公の、お役目を与えられてからの努力と変貌ぶりに感心しつつ、一気読みでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月24日

    映画を先に観たので、引っ越し奉行の片桐春之介は星野源が浮かんでしまう。しかしぴったりの配役であり、かたつむり、と揶揄されるほどの引きこもりからの大出世。話の最後は映画と違うものの、どちらもほっこりと笑いある。
    時代物だがとてもコミカルで読みやすい、一気読み。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月29日

    映画にもなった藩のお引越しのお話です。引っ越しと一言で言っても、家でなく大名の藩が一つ移動します。それを差配するのが主人公。コミカルな中にも含蓄のある示唆に富んだ言葉があり、さわやかな物語でした。映画では誰がどの役をやっているのか?大変気になります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月22日

    書庫係の引きこもりで出来損ないと言われていた春之助が、引っ越し奉行を任せられ、どんどんと強く頼もしくなっていく姿が応援したくなる。
    いろんな知恵も出てきて面白い。最後の白河からの国替えを免れるための策はあっぱれでした。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

引っ越し大名三千里 に関連する特集・キャンペーン