物語 シンガポールの歴史 エリート開発主義国家の200年

物語 シンガポールの歴史 エリート開発主義国家の200年

作者名 :
通常価格 946円 (860円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

1人当たりのGDPで日本を抜きアジアで最も豊かな国とされるシンガポール。1965年にマレーシアから分離独立した華人中心の都市国家は、英語教育エリートによる一党支配の下、国際加工基地・金融センターとして発展した。それは、表現・言論の自由を抑圧し、徹底的な能力別教育を行うなど、経済至上主義を貫いた“成果”でもあった。本書は、英国植民地時代から、日本占領、そして独立し現在に至る200年の軌跡を描く。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書
ページ数
280ページ
電子版発売日
2017年06月09日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

物語 シンガポールの歴史 エリート開発主義国家の200年 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年04月19日

    リークワンユーまでの時代を読み込んだ。開発独裁国として成功を収めたシンガポールの成り立ちを簡潔かつ的確にまとめられている。中国、特に深センにおいても、シンガポールの政策を真似ている所なので、その意味でも参考になった。
    面白かったのはリークワンユーといった母国語英語グループ(英国留学経験者)と母国語中...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月31日

    シンガポールという国について理解を深めるために最適な一冊。
    特殊な教育制度に国の本質が現れていると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月10日

    [昇り竜解剖図]羨望を集めるほどの急激な経済成長で、東南アジア諸国の経済や投資を牽引してきたシンガポール。ほとんど顧みる人すらいなかった19世紀初頭の「発見」から、急速な経済成長を経た21世紀初頭までの歴史を概観した作品です。著者は、シンガポールをはじめとした東南アジア諸国の研究で知られる岩崎育夫。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月01日

    上司がいるので最低年一回は出張するシンガポール(笑)実はそれまで行った事なくて、その歴史って知ってるようで知りませんでした。
    占領下での残忍な行動にもかかわらず親日が多いので謎でしたが、これ読んでプラグマティズムゆえだなとハラオチしました。
    英国、日本、中国、マレーシア、インドネシア、米国など関係諸...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月08日

    シンガポールの華やかさと不思議さ(不気味さというか…)の理由は政治にあった。
    シンガポールを知らない状態で読むのもよいが、同国の経済や教育の発展に目を見張ってから読むとなおよい。

    教育制度について知るのにも適している。簡潔だが、教育と政治の関係が明快に説明されている。
    マレーシア史と読み比べると面...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月05日

    シンガポールは140年間イギリスの植民地であったが、日本軍に占領され、日本軍の植民地になり、虐殺が行われた。
    そのことが、シンガポール人としてのアイデンティティ確立に働いたといえる。

    経済成長至上主義のシンガポールは、エリート官僚選抜のための教育制度を設立。
    敗者復活もなく大器晩成型の人間にも、官...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月12日

    シンガポールはリークアンユーのカリスマで保っている国と簡単に理解していたが、大幅に理解の変更を迫られることになった。ある意味では合っていたが、そんなに単純なものではなかった。この本を読むことで、シンガポールという国の厳しい割り切りを歴史を俯瞰することで良く理解することができる。非常に読みやすい本だっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月07日

    とっても短いシンガポールの歴史を、
    主に政治、経済成長の観点からまとめた一冊。

    シンガポール在住の筆者ということもあり、
    歴史事実の背景からしっかり調べてあって、
    なぜシンガポールが東南アジアでも独特の国として、進化を遂げ、東南アジア随一の経済先進国としてなったのかが、背景からよくわかる。

    筆者...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月28日

    昨年の出張にあわせて読んでみた本

    リークワンユー政権以降のイメージしかないシンガポールの歴史について。日本も一時占領してたんですよね。

    言語政策については、学生のときに学んだ気がするけど、いまはウィキペディアが詳しいですねえ。

    海外含め、知らない都市に行く機会は少ないですが、行くとなったら、な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月31日

    シンガポールの歴史が一通りわかった。国の制定から一党制が継続されているとは凄い。今後のシンガポールに注目したくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています