寂しい生活

寂しい生活

作者名 :
通常価格 1,512円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

アフロの自由人・稲垣えみ子が語りかけるように描く、『魂の退社』に続く第2弾!

会社を辞め、大切なものと別れ、一人ぼっち・・・・。
それがどーした!

『魂の退社』は「退社」をメインにした内容だったが、今回の『寂しい生活』は「退社」以降、あらゆるしがらみと別れを告げた著者の日々の生活、日々の思いを歳時記的につづったもの。
アフロのイナガキさんの『魂の退社』その後の物語。

電気代は月150円、洋服は10着、質素な食事、最大の娯楽は2日に1度の銭湯・・・・。
そんな著者がいかにして家電製品たちと縁を切ってきたか。寒い冬、熱い夏をどうやって過ごしているか。
自然や季節を体感する暮らし、ものを捨てた後のスペースにこれまで気づかなかったいろいろなものが入り込んできて感じる豊かな気持ち、そういった著者にしか実感できない自由と充実感をシンプルな言葉でつづった稲垣哲学。

孤独を感じている人、チャレンジしたいけれど一歩踏み出せずにいる人、他人の評価に振り回されている人、何かわからないけれどもやもやと不安を抱えている人・・・・
そういう今を生きるすべての人の背中をやさしく押してくれる、すがすがしい1冊。

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
296ページ
電子版発売日
2017年06月16日
紙の本の発売
2017年06月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年10月09日

大筋は賛成なのだけど、僕はスーパーマーケットやらコンビニを快しとしていないので、そこらへんが考え方がちょっと違うかなー

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月05日

ニュースステーション解説員であった作者が原発事故をきっかけに脱電力に挑戦したエッセイ。掃除機、炊飯器、冷蔵庫までも捨てて生活。便利家電を捨てたら家事時間が減ったという不思議な結果に至る。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月19日

好きなところ。電気をつけなくても、じんわりと感覚がわかりみえてくるもの。所有にも理由があり。その所有をずっとつづけなくてもいい。という気持ちを教えてくれた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月08日

面白かったなあ。一気に読んでしまった。この方の本は内容が興味深いのに加えて、文章がうまくて読みやすくて面白いからね。
冷蔵庫がないとどういう暮らしになるか、洗濯機がないとどうなるか、掃除機がないとどうなるか…
冷蔵庫なし:その日の分だけ買う、野菜などは干して保存
洗濯機なし:手洗い(バスタオルは使わ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月31日

全然、寂しくない。きっと稲垣さんの周りにはいい人たちがいっぱいいる。考え方が素晴らしく、共感でき、生きていくための人間力を感じる。何もない暮らしを真似することはできないけど、真似できるところ、共感できるところから始めたい。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play