快速エクセル 会社では学べない一生モノの時短術

快速エクセル 会社では学べない一生モノの時短術

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「時短ってこんな簡単にできるの?!」
「知らないなんて、ずっと損してた!」

データ入力から関数、集計、印刷、グラフ、エクセルのビジネスマナーなど一生使えるエクセルの時短術がしっかり身に付きます。
新入社員からベテラン社員まで、エクセルワーカー必読の書!

多くのエクセル解説書は、機能ごとにテクニックを羅列して解説しています。
「買ったけど、最後まで読めなかった……」「パソコンが手元にないと学べない」「結局、どのシーンで使えるテクなの?」なんて声もしばしば。

そこで本書は、「通勤電車でも楽しく読めて、デスクの上でも役立つ1冊」を目指し、ストーリーの中に実践的なエクセル時短技を散りばめました。

著者は、人気ビジネス書作家であり、サラリーマン時代にエクセルの時短技を磨きまくった美崎栄一郎氏。自身の経験を元にクスリと笑え、リアルな職場のドラマを描きます。

■こんなときに効く! 時短の達人が教えるテクニック
本書ではだれもが一度は経験する「些細だけどストレスな瞬間」を解消するべく、エクセル操作の時短テクニックを解説しています。

・何度も同じ操作を繰り返している
・また見積書で入力ミスしちゃった
・伝わるグラフを簡単に作りたい
・印刷したら表が途中で切れてしまった…
・保存し忘れたデータをもう一度作り直し

「わかるわかる、それ面倒だよね」と頷いたあなた。解決策は本書にすべて載っています。この1冊が、終わりの見えない毎日の業務を「快速」にすること間違いなしです!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネススキル
出版社
インプレス
掲載誌・レーベル
できるビジネスシリーズ
シリーズ
できるビジネスシリーズ
ページ数
256ページ
電子版発売日
2017年05月17日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
45MB

快速エクセル 会社では学べない一生モノの時短術 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月03日

    そこそこエクセルはできるという自信があったのですが、実際読み進めていくと、知らなかったことも多々あり、エクセル技術向上に役立ちそうです。社会人として、本書を読んで本当に良かったと思います。満点の5つ星です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月17日

    もはや基本スキルの1つであるエクセルの便利技を改めておさらいしようと、知人が紹介していた1冊を読んでみました。これはわかりやすい!テクニック的にはほとんど知っているものばかりでしたが、いくつか初めて知ったこともあって特に入社間もないタイミングで読めたらとても力になるんじゃないかと思った1冊。ビジネス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月18日

    仕事で大切なのはスピード
    如何にして時短を図るか
    「必要なのは時間ではなくテクニック」

    エクセルは悩みだすとキリがなくなります。
    この本は小説の体裁で必要なワザを教えてくれます。
    大前提としてはブラインドタッチはできるようになってから読む本ですね。

    ただ残念なことにエクセルで一から表を作るような...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月14日

    快速エクセル(Excel) 会社では学べない一生モノの時短術2017/4/28 著:美崎栄一郎

    何をすることが一番時短に効果があるのか
    それはエクセル作業である。
    著者が会社員時代にやっていたことは、データを入力してまとめ、それをグラフにし、レポート化するプレゼンするといった全ての業務に登場するエ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています