ゴルゴ13ノベルズIII おろしや間諜伝説
  • 最新刊

ゴルゴ13ノベルズIII おろしや間諜伝説

作者名 :
通常価格 561円 (510円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ゴルゴ13の秘密に迫る、シリーズ第3弾!

直木賞作家・船戸与一が、劇画最高峰「ゴルゴ13」を描いた最強のエンターテインメント、第3弾!

作家デビュー前、脚本を手がけていた「ゴルゴ13」シリーズの中から、選りすぐりの3話をみずからが小説化。その完結編をお届けする。

新宿区市谷。防衛省統合幕僚監部会議室のモニターに、ひとりの東洋人が映し出された――通称ゴルゴ13。
この伝説的なスナイパーを、日本政府の専属にしたい、と一等陸佐は切り出した。

「わが国の自衛隊は憲法上、攻撃的なことは何も出来ません。それをゴルゴにやらせる」

狙いは、極東情勢の緊張を創り出す者、反日家で知られる米国国防省の重鎮、この二人の暗殺だった。

ゴルゴ13との専属契約はどの国の情報機関もなし得ていない難題だが、その出生の秘密を握ることで契約を結ぼうとする。

ゴルゴ13はワシリー・スメルジャコフの息子である可能性が高い――これを立証するため、調査員はロシアへ飛ぶ。

だが、ここから、血なまぐさい惨劇が始まった!

ゴルゴ13の出生の秘密ははたして暴かれるのか?
真相に迫る者を次々に狙撃したのは誰なのか?
スリリングな展開から目が離せない第3話。

※この作品は過去に配信済みの単行本版の文庫版です。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館文庫
シリーズ
ゴルゴ13シリーズ
ページ数
224ページ
電子版発売日
2017年07月21日
紙の本の発売
2017年07月
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

ゴルゴ13ノベルズIII おろしや間諜伝説 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年07月07日

    船戸与一『おろしや間諜伝説 ゴルゴ13ノベルズ3』小学館文庫 。

    船戸与一が作家デビュー前に外浦吾朗の筆名で脚本に携わった作品群から3作をセレクトし、小説に仕立て上げた全3巻のシリーズの最終巻。船戸与一の作品も、これが読み納めとなるのは何とも寂しい限りだ。

    ゴルゴ13の出生の秘密に迫る作品の一つ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

ゴルゴ13ノベルズ のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • ゴルゴ13ノベルズI 落日の死影
    ゴルゴ13を直木賞作家・船戸与一が描く! 直木賞作家・船戸与一が、劇画最高峰「ゴルゴ13」を描いた、最強のエンターテインメント! 作家デビュー前、外浦五郎の筆名で脚本にたずさわった「ゴルゴ13」作品の中から、選りすぐりの3話をみずから小説化。その第1話をお送りする。 冷戦時代、米ソは極秘に生物化学兵器を共同開発していた。「死霊の泉」と呼ばれたその物質は、きわめて高い殺傷能力を持ち、解毒方法もない。 両国の元工作員は、この事実の隠蔽を画策。大量に貯蔵されているこの猛毒を証拠もろとも消し去るため、最高のプロフェッショナルを送り込む。 依頼を受けたゴルゴ13は、パラオ共和国の無人島、コロール島に姿を見せる。だがそこには、ゴルゴとほぼ同じ足取りで秘密工場への侵入をもくろむ、もう一人のプロがいた。 日本兵の魂が眠る孤島でプロ中のプロが対峙したとき、予期せぬドラマが生まれる――。 稀代の名勝負と賞されたクライマックス、ぜひご一読ください!
  • ゴルゴ13ノベルズII 鬼畜の宴
    直木賞作家×ゴルゴ13!最強コラボ第2弾! 直木賞作家・船戸与一が、劇画最高峰「ゴルゴ13」を描いた最強のエンターテインメント、第2弾!! 作家デビュー前、別名で脚本を手がけていた「ゴルゴ13」作品の中から、選りすぐりの3話をみずから小説化。その読み切りシリーズの第2話をお届けする。 アマゾンの密林で、二人の大富豪が人間狩りに興じる。おのれの道楽のために、二人はこれまで何度も残虐な殺人ゲームをくり返してきた。 彼らが企てた新たなプラン――それは、プロ中のプロ同士の殺し合いを楽しむというものだった。 莫大な予算を投じた“史上最大のショウ”がローマで幕を開ける。 高感度カメラと集音マイクが設置された闘いの舞台に姿をあらわしたゴルゴ13。 立ちはだかるのは、非合法の世界でその存在を知らない者はいない超一流のスナイパーだった。 ゴルゴ13も認めた数少ない好敵手・スパルタカス。 本物のプロフェッショナルとの壮絶な死闘の果てに、ゴルゴ13は命をもてあそぶ鬼畜たちの始末を引き受ける‥‥。 ゴルゴ13とスパルタカスの対決はいまも語り草の名シーン。 非情の世界に生きる男同士の凄絶な姿を、ぜひご堪能ください。
  • ゴルゴ13ノベルズIII おろしや間諜伝説
    ゴルゴ13の秘密に迫る、シリーズ第3弾! 直木賞作家・船戸与一が、劇画最高峰「ゴルゴ13」を描いた最強のエンターテインメント、第3弾! 作家デビュー前、脚本を手がけていた「ゴルゴ13」シリーズの中から、選りすぐりの3話をみずからが小説化。その完結編をお届けする。 新宿区市谷。防衛省統合幕僚監部会議室のモニターに、ひとりの東洋人が映し出された――通称ゴルゴ13。 この伝説的なスナイパーを、日本政府の専属にしたい、と一等陸佐は切り出した。 「わが国の自衛隊は憲法上、攻撃的なことは何も出来ません。それをゴルゴにやらせる」 狙いは、極東情勢の緊張を創り出す者、反日家で知られる米国国防省の重鎮、この二人の暗殺だった。 ゴルゴ13との専属契約はどの国の情報機関もなし得ていない難題だが、その出生の秘密を握ることで契約を結ぼうとする。 ゴルゴ13はワシリー・スメルジャコフの息子である可能性が高い――これを立証するため、調査員はロシアへ飛ぶ。 だが、ここから、血なまぐさい惨劇が始まった! ゴルゴ13の出生の秘密ははたして暴かれるのか? 真相に迫る者を次々に狙撃したのは誰なのか? スリリングな展開から目が離せない第3話。 ※この作品は過去に配信済みの単行本版の文庫版です。

ゴルゴ13ノベルズ の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

小学館文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング