有料版の購入はこちら
通常価格: 660円
 (600円+税)
獲得ポイント:

3pt

新刊オート購入

書店員のおすすめ

京都と言えば舞妓さんですが、舞妓さんは、仕込みとして修行期間を乗り越えなければならないし、なりたい少女たちは全国から集まってくるけれどオンでもオフでも京言葉で話さなければならないし、しかも、なってからも芸を磨き続けなければならないという厳しい職業。このお話は、青森から舞妓さんになるために京都へやってきた2人の女の子、仕込みからあるきっかけでまかないさんになったキヨと舞妓になるためにひたすらがんばるすみれの奮闘記でもあり、ふんわりしたグルメ(?)マンガでもあるという稀有な作品です。でもこれが本当に美味しそうで可愛くて、読んでいてたびたびほっぺたがゆるみます。舞妓さんや花街に関する小ネタも満載で、お作法が大変そうだけど、一度くらい舞妓さんを呼んでみたくなるかも。

舞妓さんちのまかないさん 1 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    (匿名) 2020年08月15日

    別作品目当てで週刊少年サンデーを読んでこの作品を知りました。
    ほんわかと可愛い物語です。そしてどのコマを見ても美しい…

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    iiiw 2020年05月11日

    漫画読んであったまりたい時
    こたつに入る気分で読む。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白い

    紫暮 2019年11月14日

    ご飯系の漫画をよく買いますが、これはアタリです。
    作り方を詳しく知りたい人にはちょっと物足りないかもしれないですが。
    ストーリーも面白く、サクサク読めます。
    この作品はとてもオススメできます。
    早く続巻が読みたいですね。

    このレビューは参考になりましたか?
    無料版購入済

    かわいいです♡

    AI 2021年10月14日

    すごく絵が可愛いです!
    料理の作り方やアレンジの方法もわかりやすく書いてあって
    おすすめです♡
    すーちゃんとキヨの友情も目が離せません!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月28日

    キヨちゃんが毎日仕事を頑張っているのを見ると、
    自分も頑張ろうという気持ちになるのよね。

    個人的に 健太と市のお母さんがすきです!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    やさしい気持ちになれる本

    太郎 2021年07月28日

    起承転結がありながら、落ち込んだ時に読んだら元気がもらえるようなやさしいお話。そしてすーちゃんが作るおうちごはんが恋しくなって、次の日には同じものを作ってしまう。舞妓さんを応援したい気持ちにもなります。

    このレビューは参考になりましたか?
    無料版購入済

    (匿名) 2021年07月19日

    舞妓さんの世界も興味深く楽しめましたが、素朴だけれども気持ちのこもったお料理がどれも美味しそうで、全部食べたくなりました。
    食をメインにした漫画が好きでよく読みますが、この漫画は本当に読んでよかったです!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ほんわかする漫画です

    みやも 2021年04月10日

    立派な舞妓さんになるために日々頑張る女の子たち。
    それを支えるまかないさんのキヨちゃん。
    キヨちゃんのほわんとした人柄に見ているこっちもほんわかした気持ちになりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月27日

     「舞妓さん」の家とも言える屋形で料理を作り、彼女たちを支える、16歳のキヨちゃんのお話です。

     舞妓さんの普段の生活は謎のベールに包まれていますが、ここではキヨちゃんの料理を通して、彼女たちの「女の子」としての生活が垣間見えます。

     華やかな舞妓さんの仕事ですが、そこには相応の努力と苦労があり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    無料版購入済

    こんなん反則や。

    ミート 2021年03月25日

    無料で読ませてもろて、こんなに温かい気持ちになれるやなんて...。ブックライブはんに感謝や。そして当然のことながら作者の小山先生にも感謝やで。おおきに。無料でなくても読んでおくれやす。

    このレビューは参考になりましたか?

舞妓さんちのまかないさん のシリーズ作品 1~18巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~18件目 / 18件
  • 舞妓さんちのまかないさん 1
    ここは京都のど真ん中にある花街。 舞妓さんたちが深夜、お仕事を終えたあと帰ってきて、共同生活を送っているのは、「屋形」と呼ばれるおうちです。 とある屋形で「まかないさん」として舞妓さんたちに毎日の食事を作っているのは、なんと弱冠16歳の少女・キヨ。  彼女がまかないさんになったのには、ある意外な理由があって――。 華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれます。
  • 舞妓さんちのまかないさん 2
    キヨは京都のど真ん中、花街にある屋形でまかないさんとして暮らす16歳の少女。 キヨは中学卒業後、舞妓さんを目指して青森から京都にやってきたものの、舞妓さん候補をクビになってしまいます。 ただし、踊りにはてんで才能がなかった彼女には、 一つだけ、得意なことがありました。 それは、故郷のおばあちゃんに教えてもらった、日々のごはんづくり。 ごはんを作る才能をおかあさん(女将さん)に見込まれたキヨは、倒れてしまったおばちゃんに代わって、屋形の台所をまかされることに。 一方、一緒に青森から上京してきた同級生・すーちゃんは、着々と舞妓さんデビューへの道を歩んでいるのでした。 華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、 温かな人間模様が描かれるお台所物語第二巻!
  • 舞妓さんちのまかないさん 3
    舞妓さんを目指したものの、挫折し屋形(置屋)のまかないさんとして働くことになったキヨ。 一方、一緒に青森から上京してきた同級生・すーちゃんは、師匠から“100年に1度の逸材”と評され、華々しく舞妓「百はな」としてデビューしました。 新人舞妓としてひたむきに頑張るすみれ。けれどどんどん前に進む自分に心がついていかないときも。そんなときにすみれをささえてくれるのは、青森にいたときと変わらないキヨと、彼女の作る、毎日のごはんなのでした。 華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、 温かな人間模様が描かれるお台所物語第三巻!
  • 舞妓さんちのまかないさん 4
    大人気シリーズ第4巻! 青森から京都にやってきて、舞妓さんを目指したものの、挫折し屋形(置屋)のまかないさんとして働くことになったキヨ。 一方、一緒に上京してきた同級生・すーちゃんは、師匠から“100年に1度の逸材”と評され、華々しく舞妓「百はな」としてデビューを果たしました。 故郷での心休まるお正月を経て、京都で本格的に舞妓として活躍をしはじめたすーちゃん。彼女と対照的に、青森にいるときと何ら変わらず、おいしいお料理を作り続けるキヨ。 マイペースなキヨのつくるごはんは、今日も頑張り屋さんのすーちゃんをそっと癒してくれるのです。 華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれるお台所物語。
  • 舞妓さんちのまかないさん 5
    変わりゆくものと、決して変わらないもの。 青森から京都にやってきて、舞妓さんを目指したものの、挫折し屋形(置屋)のまかないさんとして働くことになったキヨ。 一方、一緒に上京してきた同級生・すーちゃんは、師匠から“100年に1度の逸材”と評され、華々しく舞妓「百はな」としてデビューを果たしました。 本格的に舞妓として活躍をしはじめたすーちゃん。 彼女と対照的に、青森にいるときと何ら変わらず、おいしいお料理を作り続けるキヨ。 今巻では、すーちゃんの花街でのお姉さん・百子さんが初登場。 さて、百子さんお姉さんは、妹の親友・キヨのことをどう思っているのでしょうか…。 華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれるお台所物語第5巻です!
  • 舞妓さんちのまかないさん 6
    もうすぐ春です。 ここは京都のど真ん中にある花街。舞妓さんたちが共同生活を営んでいるのは「屋形」と呼ばれるおうちです。 青森からやってきたキヨは舞妓さんを目指していたけれど、今は屋形のまかないさんとして舞妓さんたちの毎日の食事を作っています。一方、キヨの幼なじみのすみれ(すーちゃん)は、仕込みさんという下積み期間を経て、晴れて舞妓さんになり、お稽古にお座敷にと毎日を忙しく過ごしています。 キヨたちが京都に来てもうすぐ1年。屋形には新人の仕込みさんがやってくることになりました。初めて「妹」ができることになり、すーちゃんは緊張を募らせます。さて、新しい仕込みさんはどんな子なのでしょうか…? 華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれるお台所物語。
  • 舞妓さんちのまかないさん 7
    京都に来て一年が経ちました。 ここは京都のど真ん中にある花街。舞妓さんたちが共同生活を営んでいるのは「屋形」と呼ばれるおうちです。 青森からやってきたキヨは舞妓さんを目指していたけれど、今は屋形のまかないさん。舞妓さんたちの毎日の食事を作っています。一方、キヨの幼なじみのすみれ(すーちゃん)は、仕込みさんという下積み期間を経て、晴れて舞妓さんになりました。師匠にも期待をかけられ、お稽古にお座敷にと毎日を忙しく過ごしています。 キヨたちが京都に来て1年が経ちました。 新人の仕込みさんも加わり、屋形はいっそう賑やかに。そして、舞妓さんたちが一年で最も忙しい「をどり」のシーズンが幕を開けようとしています…。
  • 舞妓さんちのまかないさん 8
    「をどり」のシーズンも終わりに近づき… ここは京都のど真ん中にある花街。舞妓さんたちが共同生活を営んでいるのは「屋形」と呼ばれるおうちです。 青森からやってきたキヨは舞妓さんを目指していたけれど、今は屋形のまかないさん。舞妓さんたちの毎日の食事を作っています。一方、キヨの幼なじみのすみれ(すーちゃん)は、仕込みさんという下積み期間を経て、晴れて舞妓「百はな」となりました。 舞妓さんたちが一年で一番忙しいとされる「をどり」も佳境。京都の観光シーズンも重なり、そわそわ、落ち着かない舞妓さんたちにキヨちゃんが作ってあげるごはんは…? 華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれるお台所物語。
  • 舞妓さんちのまかないさん 9
    穏やかな屋形に困ったできごと…! 毎日、がんばるすーちゃんをおいしいごはんでサポートするキヨちゃん。穏やかに過ぎていく日々でしたが、ある日、屋形に困ったできごとが…! 京都のど真ん中、花街にある屋形でまかないさんとして暮らす少女キヨを主人公に、華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれるお台所物語!
  • 舞妓さんちのまかないさん 10
    雨降りの6月、あの子が京都にやってくる… 梅雨に入った京都。いつもと変わりない日々が過ぎていく屋形での日々…と思っていたら、キヨちゃんとすーちゃんの幼なじみである青森の高校生・健太が修学旅行で京都へやってきました! 集団行動なのに、気もそぞろの健太が探しているのはもちろん―― さて、果たして人がいっぱいの京都で3人は再会できるのでしょうか!? 京都のど真ん中、花街にある屋形でまかないさんとして暮らす少女キヨを主人公に、華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれるお台所物語、節目の10巻です!
  • 舞妓さんちのまかないさん 11
    京都のど真ん中、花街にある屋形でまかないさんとして暮らす少女キヨを主人公に、華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれるお台所物語。
  • 舞妓さんちのまかないさん 12
    京都の夏、青森の夏… ここは京都のど真ん中にある花街。 舞妓さんたちが共同生活を営んでいるのは 「屋形」とよばれるおうちです。 青森からやってきたキヨは 舞妓さんを目指していたけれど、 今は屋形のまかないさんとして舞妓さんたちの 毎日の食事を作っています。 そんな中、本格的に夏が到来。 京都では、ひと月ほど続く祇園祭が はじまりました。今日も暑い中、 着物やお衣装ですーちゃん達が 頑張ります。 一方の、青森では、野球に打ち込む 健太が、甲子園を目指し奮闘中… 今日もお台所から、みんなを応援する キヨちゃんの夏のごはんは…?
  • 舞妓さんちのまかないさん 13
    第65回小学館漫画賞受賞!! 舞妓さんを目指し、青森から出てきたキヨちゃんとすーちゃん。 キヨちゃんはまかないさんとして、舞妓さんたちを台所から支えています。 故郷で甲子園を目指していた幼なじみの健太が、 怪我を負ってしまったとの報せが入りました。 そんな折、すーちゃんは青森へ一時帰省することになり――… ちょっと切なくあたたかい物語が小さなお台所から紡がれます。
  • 舞妓さんちのまかないさん 14
    NHKにてアニメ化決定!! 京都のど真ん中、花街にある屋形でまかないさんとして暮らす少女キヨを主人公に、華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれるお台所物語。 青森から京都へやって来た二人の幼なじみ。 すーちゃんは舞妓さん、キヨちゃんはそのまかないさんとして 京都で2度目の夏を迎えます。舞妓さんの短い夏休み。 二人の少しだけ、いつもと違う大切な時間。 その過ごし方は…? そして、季節は移ろい、 思いがけない再会が、物語に新しい風を吹き込みます。
  • 舞妓さんちのまかないさん 15
    幼なじみ3人が京都で…?急転の15巻! 祝アニメ化 NHKワールドJAPANにて2021年2月頃から、 NHK Eテレ にて2021年秋頃から放送開始予定です。 京都のど真ん中、花街にある屋形でまかないさんとして暮らす少女キヨを主人公に、華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれるお台所物語。 すーちゃんは舞妓さんとして、キヨちゃんはそのまかないさんとして 京都での日々を過ごす中、青森にいるはずの二人の幼なじみ・健太と、鴨川でまさかの再会。京都で働き始めたと話す健太に、驚きを隠せない二人ですが……静かな物語が、やっぱり静かに、でも大きく動き出していきます。
  • 舞妓さんちのまかないさん 16
    京都のど真ん中、花街にある屋形でまかないさんとして暮らす少女キヨを主人公に、華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれるお台所物語。
  • 舞妓さんちのまかないさん 17
    アニメ化決定!話題沸騰、京都お台所物語 京都のど真ん中、花街にある屋形でまかないさんとして暮らす少女キヨを主人公に、華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれるお台所物語。 新年を迎え、気持ちも新たに始まる京都での日々。 舞妓さんとしてさらに飛躍していくすーちゃんと、それを台所から支えるキヨちゃん。そして、洋食屋の見習いとして懸命に働く健太。 それぞれの生活を送る中、健太の働く洋食屋さんで、思いがけない事件が発生。幼なじみ3人の想いが、京都の街を駆け抜ける17巻。
  • 舞妓さんちのまかないさん 18
    続巻入荷
    2021年10月アニメ地上波放送開始! 京都のど真ん中、花街にある屋形でまかないさんとして暮らす少女キヨを主人公に、華やかな花街の舞台裏、普通の日のごはんを通して、温かな人間模様が描かれるお台所物語。 京都の寒空の下、花街の一大イベント「春のをどり」の 準備が着々と進行中。すーちゃん、2度目の春のをどりは 成長した姿を見せる大舞台。おけいこにも、ますます熱が 入ります。それを見守るキヨちゃんのお料理は今日も美味しそう。 そして、京都のレストランで見習いの日々を過ごす健太には、 先輩からの厳しい指導も…? 芽吹きの春へ向かい、寒く厳しい冬を乗り越える18巻。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています