スゴい営業 そこまでやるか

スゴい営業 そこまでやるか

作者名 :
通常価格 825円 (750円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

本書は『日経産業新聞』最終面連載「売れる営業 私の秘密」のオリジナル文庫化です。
大企業から中小企業まで、消費財、産業財、サービス、店舗販売まで、圧倒的な成績を残した営業マン、営業ウーマン、販売員のノウハウを、記者が取材し、そのワザを紹介しています。
この企画は2012年に始まり、当初は不定期掲載でしたが、読者調査で人気が高く、その後毎週木曜日の定期連載となりました。
1つの記事は5頁でまとめ、46人のトップセールスを紹介。「本人写真」「一日の仕事のタイムテーブル」「心掛けているポイント」の仕掛けが入ります。
ノウハウの一部は以下の通りです。営業の仕事のみならず、あらゆる職種に通じる仕事術としても役立つワザ満載です。

・すぐ読んでもらえるよう提案書は3行しか書かない
・顧客に代わって親族も説得してしまう ・顧客の地方出張先にアポイントを入れて商談
・10秒間の立ち話に勝負をかける
・売るものは「会社ぜんぶ」
・顧客企業のフォーマットを事前に入手して提案書を作成
・常連客の意見をまとめておいて新規顧客に伝える
・相手をとことん好きになる
・顧客の困り事を探すなど、準備を徹底し、メモ帳に全て書き出す
・休日の付き合いも含めて人間関係をつくっていく

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / マーケティング・セールス
出版社
日経BP
掲載誌・レーベル
日本経済新聞出版
ページ数
256ページ
電子版発売日
2017年03月31日
紙の本の発売
2017年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

スゴい営業 そこまでやるか のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年09月12日

    産業機械のハードから、飲食店のソフトまで、多様な業種・会社の営業職の極意や気概を著述したビジネス本。

    こんなビジネスにも営業があるのか発見がある。
    肝心の営業肝となり、共通しているのは、スピードや顧客目線の提案が、成果に結び付くというのは、改めて自戒できた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています