雑草たちよ 大志を抱け
  • 完結

雑草たちよ 大志を抱け

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 748円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

いつか、この日々を忘れたとしても、魔法の言葉が私を生かし続ける。『プリンセスメゾン』の著者が描く、地方都市に生きる女子高生達の切なくも可愛い青春群像劇。 たえ子:成績トップの転校生。マラソンが苦手。家でも学校でも寡黙。 久子(ひさこ):読書や分筆を好む文学少女。毛深いのがコンプレックス。 ピコ:徹夜でゲームをして目にクマができがち。がんちゃんの膝によく座る。 ひーちゃん:がんちゃんを毎朝迎えに来る幼馴染み。基本無表情。足が速い。 がんちゃん:朝に弱い。おしゃれが苦手。心配性で誰にも優しい女の子。 「素直になったら恥かくだけや。私は鋼鉄のバリアで自分の心を守るんや」地味で平凡な女子達にとって、人生はかくも厳しきもの。けれど時に、友人の言葉が生涯を照らす魔法に変わることもある。苦味も優しさも抱き込んだ目映い青春を描く傑作連作集。

ジャンル
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
FEEL YOUNG
電子版発売日
2017年03月10日
紙の本の発売
2017年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
49MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2017年05月24日

    毛布のように温かくて優しい漫画。心がトゲトゲしだした頃に、何度でも読みたいです。
    学生時代もイケイケでカースト上位だった人にはもしかしたら分からないかも知れないけど、些細な心理描写がめちゃくちゃよかった。いわゆる地味グループの女の子たちのお話。
    最近こういう優しさの塊みたいな漫画に弱いな……。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月09日

    素朴なデフォルメタッチなんだけどめちゃくちゃいい漫画だった。
    さえない女子高生たちがメインで話が進んでいくんだけどそこが共感できるし、みんないい子。がんちゃんと友達になりたい。
    3巻くらいまで続いてもいいのにな。続かないのかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月28日

    『プリンセスメゾン』池辺葵さんの短編連作。
    決して「特別」ではないように見える女子高校生たちの、
    やはり「特別」としか言えないような、青春の日々。
    みんな、いろんな事情や想いを抱えながら、
    その人だけのそのときだけを一所懸命生きていて、
    そこにはやはり、その人だけの輝きがある。
    各エピソードの主人公...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月07日

    ああ池辺先生天才…綺麗な優しさにあふれてる…
    描こうと思ってもなかなか描けるものではないよね。ひーちゃんの最後の台詞がとてもよかった。
    がんちゃんみたいになりたいがなれない…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月08日

    どちらかというと目立たない女子高生たちの日常を描いた連作短編集。ほのかな恋心や友達への思いなどが丁寧に掬いとられていて、優しい時間が流れている。どの子もとても一生懸命で可愛い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月12日

    今回もとても素敵なお話でした。優しくて、泣いてしまう。みんな優しい。色んな棘や闇を、柔らかく包み込んでくれる。優しくて強い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月11日

    表紙の絵がすばらしい。校内カースト上位にいるであろう者をあっさりモブにする見事なお手前。現代版「櫻の園」共学版「笑う大天使」 。つまり、いま読むべき。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年09月02日

    思春期になると女の格差を思い知る。
    誰でも華やかな花を咲かせるわけではないのだと。
    彼女達は地味なペンペン草かもしれないが、それなりに愛嬌があるし、夢中になれる趣味もあるし、ほのかな恋も経験する。
    楽しいと思うことを楽しめば良いのだ。
    その人生に優劣はない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています