サバイバルファミリー

サバイバルファミリー

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
紙の本 [参考] 1,100円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ある日突然、電気がこの世界から消滅! 東京に暮らす4人家族(鈴木家)が直面する、超絶不自由生活! 次第に食料や水が乏しくなっていく中で、父は決断を下す。東京を脱出する! 何が起きているのか分からない状況下、果たして、鈴木一家は生き残れるのか。笑いあり涙あり、平凡な家族の感動の物語。同名映画、原作本。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文芸単行本
ページ数
256ページ
電子版発売日
2017年01月20日
紙の本の発売
2016年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

サバイバルファミリー のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月19日

    サラッと読める娯楽作品。
    もう、お父さんの癇癪には呆れるし
    家族の困難の中、1番成長した2人の子供達と出会った人の優しさにウルッと来る場面もあり。

    何か、こんな困難に出会った時の為にサバイバル的な力をつけて起きたくなって調べてしまった(笑)
    妙にヤル気漲る一冊でした(^^;;
    面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月09日

    停電ではなく、電気がなくなることを想像したことがなかった。そうか、そうだよな。の連続です。
    文明のほとんどが電気で活かされていることを知りました。

    でも、なんでだろうか。。
    電気のない世界はきっと幸せだろうな。っと思えてしまう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月10日

    リアリティはないが、実際に大規模停電を経験するような世の中になっているので、人ごとではないと思いながら読み進めた。
    一家の心の触れ合いについては予想通りな感じだが、やはり里山資本主義がこれからの社会に良いのではないかと思わせられるシーンも多かった。
    実際、停電になりそれだけでなく電気の使用ができなく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月08日

    おもしろい!

    ある日、突然世界中が停電したらー電気、ガス、水道、物流、すべてが滞り、サバイバル生活が始まる。

    どこにでもいるような両親に兄、妹の4人家族が訳の分からない停電の間を生き抜いていくお話です。
    イラッとするカツラ親父や生意気ざかりの娘、軽い息子がだんだんと生きるためにいろんなものを捨て...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月28日

    まず、 好きな男性のタイプを聞かれたら、メンズノンノやスマートより、ビーパルやガルヴィを愛読している男性であると答えることにしようと決めました。

    釈然としない部分はあるけれど、サラッと読めるのにジーンとくる部分もあり、色々と考えさせられるテーマの本ではありました。

    災害の度に、大きな暴動が起きな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月28日

    停電なのになぜか電池も使えず、車、電車、飛行機などもアウトという設定。ま、この設定だからの物語なんだけどね。
    こんな状態で生き残れるのか!?
    今の田舎暮らしで物々交換できるものを持っていればなんとかってところかな。
    しかし、物々交換できるものなんて持ってないよ!!!
    暮らしってお金ではないってことな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月27日

    読後に自分だったらどうだろうと空想できるのがこの本のひとつの楽しみ方。
    矢口さんらしいすっきりした終わり具合。出来過ぎと言う人もいるだろうがこの本はこれで良いと感じた。
    人間死ぬ気になると変われるもんだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月08日

    2017年2月11日公開の話題の映画「サバイバルファミリー」原作本。

    ある日突然、電気がこの世界から消滅! 東京に暮らす4人家族(鈴木家)が直面する、超絶不自由生活!
    次第に食料や水が乏しくなっていく中で、父は決断を下す。東京を脱出する!
    何が起きているのか分からない状況下、果たして、鈴木一家...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月06日

    たくましいな、鈴木一家。
    直接間接問わず、電気に依存した生活の危うさに恐怖した。ファミリー成分よりもサバイバル成分が自分にはよく効いた。

    人は儚いものよ。そして強いものよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月09日

    映画のための本なので仕方がないけど、
    ちょっと浅いかなあ。。
    言いたいことはわかるけど、
    人間の気持ちの描写が浅い気がした。
    エンターテイメントとして読むならいいのかな?

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

サバイバルファミリー に関連する特集・キャンペーン