小説ロボジー

小説ロボジー

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

家電メーカーのダメ社員3人は社長の命令で二足歩行型ロボットの開発を命じられたが、博覧会直前に大破させてしまう。その場しのぎで体型の合う老人をだまして中に入れて披露すると、なんと意外な大絶賛! ところがこのジイさん、只者ではなくて……!? コメディの鬼才・矢口ワールドが文学界でも大炸裂。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
電子版発売日
2012年03月09日
サイズ(目安)
1MB

小説ロボジー のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年01月10日

    三人の男を更生する姿が私の胸を強く打ちました。ニセの二足歩行ロボットを「超多機能ロボット」と偽っていたけれど、あることがきっかけで「本物をつくってやる」と決意したところが印象的です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月29日

    最初は苦し紛れだったロボット巡業も老人や学生と触れ合っていくうち、エンジニアもロボット作りに本気になり、ついに完成させるという姿に感動した! 話がよく出来ているなあ・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月21日

    愉快な話しだった。
    ある電器メーカのロボット開発部に配置された3の若手社員。社長から二足歩行のロボットを製作しロボット博に出品を命ぜられる。ロボットに関するなんのノウハフを持ち合わせずロボット博に製作が間に合わない。そこで3人はロボットの外装の中に人を入れることに・・ところが中に入ることになった爺さ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月14日

    読み終わって最初に思った事は映画が見たい!小説も面白いんだけれど、中身が爺さんのロボットの動きは映像を見た方が確実に面白い気がする(^^)「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」等々と並んで「ロボジー」も私のお気に入り映画になる事は間違いない!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月23日

    おじいちゃん。

    老人の孤独を感じ取ってしまったよ。
    もっともっと、ロボット開発部が発展しますように。
    ニュー潮風はかわいすぎる!

    映画みてからのー小説だったから、台詞とかまでぜーんぶ映画と一緒なのはなんだか薄っぺらい。
    でも読みやすーい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月17日

    〈内容〉家電メーカーのダメ社員3人は社長の命令で二足歩行型ロボットの開発を命じられたが、博覧会直前に大破させてしまう。その場しのぎで体型の合う老人をだまして中に入れ披露すると、なんと意外な大絶賛。ところがこのジイさん、只者ではなくて…!?映画界の鬼才・矢口史靖書き下ろしハートフル・コメディ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月23日

    「ハッピーフライト」や「スウィングガールズ」の監督・矢口さんの最新映画、
    「ロボジー」の原作になります、サラっと読めました。

    「ハッピーフライト」や「スウィングガールズ」も非常に楽しめましたが、
    ラストシーンの余韻は、オーソドックスながらも個人的には好きな感じです。

    "嘘から出た実&q...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月17日

    映画原作本~田舎で一人暮らしの鈴木は老人会の演劇イベントで娘一家を呼んだが,腰を強く撲ってしまった。何か仕事をした方が良いと言い残して帰るが,一枚のチラシを見て,着ぐるみ1日3万円の魅力に惹かれて出掛ける。ロボットの格好をさせられ,ライバルの出演者が会津磐梯山を踊るのに刺激されて鈴木も踊り,安普請の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年09月28日

    いかにも映画の原作って感じ。映画が見てないけど、番宣の雰囲気とよくマッチしていた。でも、ちょっとドタバタが過ぎるかな。もう少し爺さんと3人の友情?が深まるところがあった方が良かった。ケーブルテレビのディレクターは余計かな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月13日

    本当はこんなにうまいこといかないと思うけど(笑)でも楽しいお話でした。ラストもナイスなギリギリアイデアで切り抜けられて良かった。本物のロボット完成も間近?

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています