【感想・ネタバレ】サバイバルファミリーのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年05月19日

サラッと読める娯楽作品。
もう、お父さんの癇癪には呆れるし
家族の困難の中、1番成長した2人の子供達と出会った人の優しさにウルッと来る場面もあり。

何か、こんな困難に出会った時の為にサバイバル的な力をつけて起きたくなって調べてしまった(笑)
妙にヤル気漲る一冊でした(^^;;
面白かったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年03月09日

停電ではなく、電気がなくなることを想像したことがなかった。そうか、そうだよな。の連続です。
文明のほとんどが電気で活かされていることを知りました。

でも、なんでだろうか。。
電気のない世界はきっと幸せだろうな。っと思えてしまう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年09月10日

リアリティはないが、実際に大規模停電を経験するような世の中になっているので、人ごとではないと思いながら読み進めた。
一家の心の触れ合いについては予想通りな感じだが、やはり里山資本主義がこれからの社会に良いのではないかと思わせられるシーンも多かった。
実際、停電になりそれだけでなく電気の使用ができなく...続きを読むなったらうちはどうするだろうか、と頭の中でチラチラと考えている自分がいた。やはり都心は人が住めるような状況ではないだろうとは思う。
日本はこれからの災害に備えて、できることを考えておかなくてはいけないのではないだろうか。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年01月26日

かなりすらすら読めた。
電気が止まった世界、とても不思議だった。
この本を読んで、人間の生活がいかに電気に頼っているのかを実感した。
この本の中で起きた停電が現実に起きたらどうなるのだろうと想像するだけで恐ろしくなった。

この災害を通して家族の絆が深まっていき、心が温まった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月08日

おもしろい!

ある日、突然世界中が停電したらー電気、ガス、水道、物流、すべてが滞り、サバイバル生活が始まる。

どこにでもいるような両親に兄、妹の4人家族が訳の分からない停電の間を生き抜いていくお話です。
イラッとするカツラ親父や生意気ざかりの娘、軽い息子がだんだんと生きるためにいろんなものを捨て...続きを読む、代わりになにかを手にしていく。

うん、何かあった時のために少しはアウトドアを経験しとくのも大事かも・・・とほんのちょっとだけ考えたりしました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月28日

まず、 好きな男性のタイプを聞かれたら、メンズノンノやスマートより、ビーパルやガルヴィを愛読している男性であると答えることにしようと決めました。

釈然としない部分はあるけれど、サラッと読めるのにジーンとくる部分もあり、色々と考えさせられるテーマの本ではありました。

災害の度に、大きな暴動が起きな...続きを読むい日本人は賞賛されていますが、どのレベルまでその冷静さは保たれるのか気になりますね。人間としての本質に礼節が根付いているのか、それとも危機感のアンテナが外国人よりも鈍いだけなのか。

物の価値観についても考えさせられました。
ブランド物や高級車、今の先進国の社会で価値が高いとされているものほど、生き物としての人間にはまったく必要ないものであるということもなかなかの皮肉。
軽視されがちな田舎や高齢者の潜在能力のようなものも見えて、今までと違った視点で世界を見ることができました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月28日

停電なのになぜか電池も使えず、車、電車、飛行機などもアウトという設定。ま、この設定だからの物語なんだけどね。
こんな状態で生き残れるのか!?
今の田舎暮らしで物々交換できるものを持っていればなんとかってところかな。
しかし、物々交換できるものなんて持ってないよ!!!
暮らしってお金ではないってことな...続きを読むのかしら。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月27日

読後に自分だったらどうだろうと空想できるのがこの本のひとつの楽しみ方。
矢口さんらしいすっきりした終わり具合。出来過ぎと言う人もいるだろうがこの本はこれで良いと感じた。
人間死ぬ気になると変われるもんだ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年08月14日

突然、街全体が停電したうえに電池を使用する機器も使えなくなって、家族4人で生きるために自転車に乗って九州の実家を目指す話。
読みやすくスピードに乗ってページをめくることができた。まったく難しくないので時間つぶしにはいい。
しかし、細かいところが雑。「仕事人間で家族に思いやりがない父」「料理が下手だけ...続きを読むで家族思いの母」など一人ひとりの登場人物がなんでこうするのか、の表現が直球過ぎる。また、どうして停電したのかも分からず終い。マンガのような作り込み。
最初から「映画ありき」で書いたから、文字で情景を想像させることは考えてないのかも。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月08日

2017年2月11日公開の話題の映画「サバイバルファミリー」原作本。

ある日突然、電気がこの世界から消滅! 東京に暮らす4人家族(鈴木家)が直面する、超絶不自由生活!
次第に食料や水が乏しくなっていく中で、父は決断を下す。東京を脱出する!
何が起きているのか分からない状況下、果たして、鈴木一家...続きを読むは生き残れるのか。
笑いあり涙あり、平凡な家族の感動の物語。



停電で電気が使えないのは当たり前だけど
時計も止まって、車も動かない、電話もダメ、

など、電池系のものやガソリンまでもが
全くストップという状況には少し無理があるようで
違和感だったかな。

だんだんとバッテリーが切れて、とか
電池がなくなって、とかなら受け入れられてたけど。

でも、読みやすいし
ストーリーもあって面白く読めました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月06日

たくましいな、鈴木一家。
直接間接問わず、電気に依存した生活の危うさに恐怖した。ファミリー成分よりもサバイバル成分が自分にはよく効いた。

人は儚いものよ。そして強いものよ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月09日

映画のための本なので仕方がないけど、
ちょっと浅いかなあ。。
言いたいことはわかるけど、
人間の気持ちの描写が浅い気がした。
エンターテイメントとして読むならいいのかな?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月14日

突然、電気が使えなくなったら。
しかも電池もダメだし、機械的なものは一切ダメ。そんな中生活していけるか。

鈴木一家のサバイバルがどうなっていくのか、思わず夢中で読んでしまった。

絶対ハッピーエンドだろうなっていうのはわかっていても、いつもいがみ合ってた家族が1つになっていく姿にはホッとさせられる...続きを読む

今の時代便利になり過ぎて本当は怖いと思っていたから、考えさせられます。

このレビューは参考になりましたか?